ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活コラムVol.11

15/22

佐賀県基山町

◆雑木林を売却したはずが、別の新たな原野を買わされた
宅地建物取引業の免許を持つ業者から、電話で何度も、昔両親が400万円で購入した雑木林の売却を持ちかけられた。断ったが「約5000万円で買い取る」と言われ根負けし、会って話を聞いた。「他の土地を一緒に購入すれば節税になる」「購入費用は後で返す」等と説明され、よくわからなかったが、買い手のつかない土地が売れるならと思い、約400万円支払って契約書にサインした。しかし、いつまでも購入費用は返金されず、業者は電話にでない。契約書を確認すると、雑木林を1200万円で売り、原野を1600万円で購入する契約となっていた。(60歳代女性)

◎アドバイス
・過去に原野商法の被害に遭った人や、それらの土地を相続した人に、「土地を高く買い取る」と持ちかけ、言葉巧みに売却額より高い値段の新たな土地も一緒に購入させる二次被害の相談が見られます。依頼できる事業者について、日頃から情報を集めておくことも大切です。
・「土地を買い取る」「お金は後で返す」などと言われても、きっぱりと断り、絶対にお金を支払わないようにしましょう。
・宅地建物取引業の免許があっても、悪質な勧誘を行う業者もいるので、注意が必要です。
・一度お金を支払ってしまうと、取り戻すのは困難です。不審な点を感じたら、消費生活相談窓口等にご相談ください。
(出典:国民生活センター・身守り新鮮情報第306号より)

問合せ:
住民課くらしの安心・安全係【電話】85-8171(毎週金曜日午前9時30分~午後3時30分)
消費者ホットライン【電話】188

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU