ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

こうみん未来塾(学び方新たに、楽しみ方いろいろ)

1/32

兵庫県三田市

三田の子どもたちへ「本物」に触れる体験を―。さまざまなプロフェッショナルから普段学べないことが体験できる事業「こうみん未来塾」。応募が殺到して参加倍率が約3倍に上ることも!
みんなで集まるのが難しい今。だからといって無限の可能性を秘めた子どもたちの学びを止めたくない―。そんな想いからこうみん未来塾は「with(ウィズ)コロナ」の中で新しい取り組みを進めています!

▇こうみん未来塾って?

◎由来・・・こうみん 幸民×公民
三田が生んだ偉大な科学者「川本 幸民(かわもと こうみん)」を目標とした人材育成と市が推進している「公民」協働のまちづくりにちなみ名付けました。

◎目指すのはこんなさんだっ子
・科学技術に親しみを感じる子
・グローバルに活躍する気概を持つ子
・チャレンジ精神旺盛な子

◎本物
地域、教育機関、三田市、民間企業のさまざまな分野の専門家が三田の子どもたちに「本物」に触れる体験を贈ります。

▇「おうちでこうみん」企画継続中!(こうみん未来塾×おうち時間)

こうみん未来塾の講師陣がおうちでも取り組める企画を提供。プリントアウトしてできるペーパークラフトや各種プログラミングツールとその操作説明動画、博物館職員の自作動画やクイズなど、多彩なコンテンツがそろっています。ぜひ、「おうちでこうみん」を体験してください!

★「おうちでこうみん」が、文部科学省中央教育審議会生涯学習分科会(第108回)で「地域学校協働活動」の中でのコロナ対策の事例として、紹介されました!

▇ぼく・わたしのとっておきのチャレンジをこうみん先生に披露しよう(こうみん未来塾×自由研究)

「子ども何でも自由研究!~こうみんチャレンジwith(ウィズ)コロナ~」を募集!
ニュートンやアインシュタインは、休校や余暇の時間に大発見をしたそうです。そこでこうみん未来塾でも、休校期間中から今までのおうち時間で取り組んだことや夏休みにやってみようとあたためていることなど、思わぬ荒波を乗り越えてきた子どもたちの活動を大募集します!どんな小さなチャレンジでもOK!「コロナ禍でやったチャレンジ」は必ず子どもたちの未来を照らします!
応募作品には、こうみん未来塾の講師陣が自身の専門ジャンルから気に入った作品に賞を贈ります。
申込み:市ホームページから応募用紙をダウンロードし、eメールで下記

健やか育成課
【メール】sukoyaka@city.sanda.lg.jp

※詳細は学校で配布するチラシや市ホームページをご覧ください。

問合せ:健やか育成課
【電話】559-5046【FAX】563-3611

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU