ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市長の「ほっとトーク」-森のひと言-

2/37

兵庫県三田市

◆生きがいとは
3月19日、平成30年度「さんだ生涯学習カレッジ」の大学卒業式と大学院および研究科修了式が、郷の音ホールで挙行されました。4月の入学式と違って、3年間ないし6年間で育まれた「友情」によって和やかな雰囲気で行われました。同カレッジでは、学習の基本理念として、学びを通じての「生きがいづくり、人づくり、地域づくり」を掲げています。卒業生および修了生の皆さん、それぞれにカレッジでの生活を通じて、新たな生きがいの発見、再発見をされたことと思います。
「人生50年」の余生をどう過ごすかという時代から、「人生100年」の生涯現役を目指す時代へと、人類史の価値観、システムが大きく変わろうとしています。7年前、県高齢者大学「いなみ野学園」で仕事をしていた時に出会った次の言葉を今も大切にしています。それは、精神科医で作家だった神谷美恵子(かみやみえこ)さんの著書にあった「生きがいを感じているひとは、他人に対してうらみやねたみを感じにくく、寛容でありやすい」という言葉です。高齢者をはじめ全ての人々が生きがいを持てる社会は、人と人とが共生している成熟した社会と言えるのではないでしょうか。
新年度を迎えるとともに新たな元号の時代が間もなく始まります。市民の皆さんと共に「成熟したまち三田」を目指して、歩んでいきたいと思います。

三田市長 森哲男

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階