ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 負担にならないような歩幅で、私もいっしょに。里山ICT能開学校(1)

2/55

兵庫県上郡町

旧鞍居小学校で35年間教壇に立ち、学生指導や就職支援も務めた尾鼻(おばな)弘光さん。悩んでいる若い世代に思いを寄せ、「里山ICT能開学校」を設立しました。出身地に空き家が増えつつあることからヒントを得て、空き家を活用した様々な取り組みも進めています。
若者、そして家族と向き合う尾鼻さんの姿勢から、人間関係を築くために大切なことを教わりました。

■一泊二日の車中泊
私が情報システムの専門学校で働いていた当時、「コミュニケーションの部分で就職大丈夫かな…」っていう学生がいたんです。そのような学生を送り出すところの一つに、「山の学校」という県の進路支援の学校があって、私も何人か送り出したことがあるんです。
その当時、大学や社会人を経験して、新たにITを勉強する若者も専門学校に入ってきていたんですけど、既卒の学生でも同じようなケースがあったんです。それで、山の学校に相談をしたら、「二十歳超えた子を受け入れていない」と言われました。当時、そういう条件があって「そうなんや。しょうがないな」って断念したことがあります。
それで、空き家を活用して、そういう若者をITの技術者に育てて活躍できる場を、自分でつくれないかなと思って、徳島県の神山町に車中泊で、一泊二日で行ったんです。そこは、1時間かけてスーパーに行くような地域なんですけど、インターネットの基盤が整っていて、東京のIT企業の若者がどんどん来て、生き生きと仕事をしているんですよ。
ITの環境さえ整っておけば、場所はぜんぜん関係ないんですね。だから、「これは、もうやろう!」って決めたんです。
それで、神戸の空き家相談会があったんで行きました。そのときにちょうど上郡町役場の人も来ていて、「今の話、もう一度教えてもらえませんか?」と声をかけられたんです。それで、こんな取り組みをしたいと説明すると、「実は、旧鞍居小学校に視聴覚教室があるので、一回見に来てもらえませんか?」と提案してくださって、それがはじまりでした。

■現実と向き合うために
引きこもりの子というのは、経済感覚がないことがほとんどです。自分の将来を描けていないので、正直、生きていくために、月に、年間で、どれくらいお金がかかるのか、イメージが全くできていないんです。親がいなくなったら、水道光熱費などを自分で払っていかなければいけない現実があるわけです。
そのイメージもできていないので、この学校では、ライフプランを立てて、どれくらいお金が必要なのかを考えさせているんです。そうすることで、自然と自分が生きていくためにこれだけのお金がいるんだと気づいてくれたらいいなと思っています。
自分で考えていくうちに、「親はそれだけやってくれていたんだ、親がいなくなったら、自分はそれだけのものを収入として確保しなければならない」そういうことを自分で気づけたら、「アルバイトをやってみようかな」という風に、一歩を踏み出せるんです。そんな一歩を待ちながら、時期を見逃さずにやっています。

それと、時間の感覚もない子がほとんどです。昼夜逆転の生活をしているので。
就職の支援をやってきて、正直、企業が引きこもっていた人を受け入れるのはなかなか難しいです。なぜかと言うと、生活のリズムが乱れているから。「8時から仕事が始まるけど、大丈夫?」と聞かれても、朝起きて日中活動するリズムができていないと、実際に働くのは難しいですよね。筆記試験をして少し点数が足りなかったとかじゃなくて、引きこもりの理由で、不採用になってしまうんです。そこの課題を解決するために、「この学校に毎日通っていました」と言えたら、企業側も「じゃあ、一回会ってみようか」という風に、面接に進めるんです。
企業もできるだけ採用活動の費用を抑えたいので、働くにあたって不安要素が少ない人を採用した方が明らかに楽ですよね。はっきり言われたことがあります。「普通の生活習慣が身についていない人を採用した場合、負担が大きくて、そこまで人を育成する余裕はないです」と。
今来ている若者は、はじめ昼の2時に来ていた子がいますけど、それが1時になって、今は11時まで早くできています。生活リズムをだんだん早くしていっています。

■オンライン授業
この学校をやっていくなかで、ITの技術者を育成するという趣旨があって、そこで私が引きこもりの支援をしている。これは、鞍居地区の皆さんのご協力があっての取り組みです。ただ、ご家族としては、引きこもりの子がいることを知られたくない。できれば家から出てほしくない。周囲の目線を気にされるところがあるんでしょうね。
その点で言えば、授業のオンライン化は、周囲に知られずに外部とつながることができる。
それと今月、学校の近くの空き家を活用して、少し気が向いたときに自宅から出て、ひとときを過ごせる場所を開設したんです。

■オンライン上にも「居場所」を
今回、兵庫県から委託を受けた「電子居場所」の事業は、学校に通えるようになる前の段階としてまずは、コミュニケーションの土台づくりをしようと考えています。
コミュニケーションを取りながら、「ホームページ制作に興味や学んでみたい気持ちはありますか?」と、話を切り出してみて、そこで「技能を身につけたい」という気持ちになった段階で、オンライン上で学んでもらうように考えています。次に学校に来れる段階になれば、実際にホームページ制作の仕事を、と段階を追うように進めていくつもりです。
電子居場所は「きっかけづくり」なんですよね。「あ、こんな方法があるんだ」ということを、まずは知ってほしい。それは、本人もそうですし、悩んでおられるご家族もそうですね。
以前、新聞に掲載してもらったときに、孫を心配しておじいちゃんが龍野から来られたことがあるんです。世代を越えて悩んでおられるんやなと感じますね。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU