ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

Love KOBE 神戸カルチャーレポート

11/25

兵庫県神戸市 クリエイティブ・コモンズ

■2019年、神戸から世界をアツくする! KOBEラグビージャーナル 第7回
アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ2019(TM)。神戸では強豪チームによる4試合が開催されます。日本で行われる「一生に一度」のラグビーの祭典を、みんなで盛り上げましょう。

◇誰でも気軽にラグビーを
市内のラグビースクールでは、毎週末、ちびっこラガー(ラグビー選手)が練習を積み重ねています。背が高くなくても、男子でも女子でも、前に進む気持ちと仲間を思う優しさがあればラガーになれます。まずは体験会に参加してみませんか。
対象:中学生まで
料金:無料


参加条件・申し込み方法などは、各スクールのホームページなどで事前にご確認ください

◇神戸中央少年ラグビークラブ 山本 啓介コーチ
試合は学年ごとに行いますが、普段の練習は上級生が下級生を引っ張っています。ぶつかるイメージがあるラグビーですが、けがはほとんどありません。みんな、ボールを持って楽しく一生懸命走っていますよ。気軽に参加してくださいね。

◇ラグビーミニ知識 プレイ編
ポジションによって役割が違うので、体格の大小や足の速さなど、それぞれの特徴を生かして活躍することができます。あなたに合うポジションがきっとあります。体験会で聞いてみましょう。

▽ドリームジャンボ宝くじ、ドリームジャンボミニの売り上げの一部が、ラグビーワールドカップ2019日本大会の支援に使われます
販売期間:4月1日(月)~26日(金)

問合せ:国際スポーツ室
【電話】321-1865
【FAX】321-1863

■ふらっといける時間旅行 神戸歴史探訪 第6回
古代から始まる長い歴史を持つ街・神戸。今もなお街に残されている歴史を、ひもといていきましょう。

◇江戸時代の舞子に思いをはせる
「たるみの西はづれより山田村迄の間東西十五六丁南北五六丁の松林なり 此の地古歌なければ必ず名所といふには非ず されども名高きこと天下に聞こへたり」
『播州名所巡覧図絵』という江戸時代の名所案内本で舞子浜が紹介されており、天下に名高い場所と書かれています。挿絵には、小高い山々と、今と同じように海岸に広がる松林が描かれ、かごに乗った旅人などが行き交っています。左端には、茶屋らしき建物が4軒ほど並んでいます。

◇絶景の別荘地
舞子浜は、近代に入ると田山花袋などの著名な小説家たちの紀行文に登場します。同時に、政財界人の別荘地としても愛されました。明治27年に有栖川宮別邸、明治40年に旧武藤家別邸洋館、昭和16年に又野良助邸(現旧木下家住宅)が建てられました。

◇市立博物館 学芸員 永山 未沙希
現在、旧武藤家別邸洋館と旧木下家住宅は舞子公園にて一般公開されています。公園から臨む美しい景観を見に、訪れてみてはいかがでしょうか。

◇今月の歴史探訪「舞子公園」
アクセス JR「舞子」駅、山陽電車「舞子公園」駅下車。南へ徒歩約5分

問合せ:市立博物館
【電話】391-0035
【FAX】392-7054
※市立博物館は、11月1日までリニューアル工事のため休館中です

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル