文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス予防接種についてのお知らせ

6/21

北海道 様似町

町では現在、新型コロナウイルスワクチン予防接種に向けた体制の整備を進めています。今回の新型コロナウイルスワクチンの予防接種は、国からの指示のもと、北海道の協力により様似町において実施するものです。
より多くの町民の皆さんが安心して、短期間で集中的に接種を行えるよう体制を整備しているところです。

◆接種対象者と優先順位
接種対象者:16歳以上の様似町民
優先順位:
(1)医療従事者
(2)75歳以上の高齢者(令和3年度中に75歳に達するかた)と高齢者施設に入所のかた
(3)65歳~74歳の高齢者(令和3年度中に65歳~74歳に達するかた)
(4)高齢者以外の基礎疾患を有するかた
(5)上記の(1)~(4)以外のかた

◆現時点での様似町のワクチン供給見通し
・4月末まで⇒町に、ファイザー製ワクチン975人分の1回目接種分が供給
・5月9日まで⇒町に、ファイザー製ワクチン975人分の2回目接種分が供給
※国は、6月末までに高齢者分のワクチンを供給する見込みであると表明しています。

◆ワクチン接種券の発送見込み
・発送見込み⇒4月中旬頃を予定
・発送対象者⇒75歳以上の高齢者(令和3年度に75歳に達するかた)、高齢者施設に入所しているかた
※ワクチンの供給状況により、変更になる可能性があります。
※上記のかた以外は、ワクチンの供給状況に合わせて順次発送する予定です。

◆ワクチン接種の流れ
(1)接種の時期より前に、町から「接種券」と「新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」が届きます。
(2)「接種券」が届いたら、予約専用電話(様似町保健福祉センター内)まで予約をしてください。
【電話】36-5565
(3)ワクチンを受ける際には、「接種券」と「本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)」を必ずお持ちください。

◆新型コロナウイルスワクチンについてのQ and A
◇新型コロナウイルスワクチン全般について
Q1:新型コロナウイルスワクチンにはどのような効果がありますか?
A1:新型コロナウイルスに感染した場合に、発症や重症化を防ぐ効果があります。ちなみに、ファイザー製ワクチンの発症予防効果は約95%と報告されています。

Q2:本人の同意なく、接種をされることはありますか?
A2:ワクチン接種は、受けるかたの同意なく接種が行われることはありません。ワクチンの効果と副反応について理解したうえで自らの意思で接種するかどうかを決めることができます。
※「接種券」に同封されているワクチンの説明用紙をよく読み、接種するかどうかの判断をしてください。

Q3:どこで接種することができますか?
A3:接種場所は、「様似町保健福祉センター」での集団接種と「三和医院」での個別接種を予定しています。

Q4:新型コロナワクチンは何回接種する必要がありますか?
A4:ファイザー製ワクチンは、一人2回接種を行います。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を行います。

◇接種対象者について
Q1:持病があり、薬を飲んでいる人は新型コロナウイルスワクチンを接種することはできますか?
A1:薬を飲んでいるために接種できないということはありませんが、基礎疾患のあるかた、免疫不全のあるかた、病状が重いかたなど、慎重に判断したほうがよい場合もありますので、かかりつけ医に相談し、接種するかどうかを決めてください。

Q2:新型コロナワクチンを接種する場合、注意が必要なのは、どのような人ですか?
A2:以下のかたは注意が必要です。ご自身で当てはまると思われる場合は、接種してもよいかかかりつけ医にご相談ください。
・過去に免疫不全の診断を受けたかた、近親者に先天性免疫不全症のかたがいるかた
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発達障害などの基礎疾患があるかた
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出たかた
・過去にけいれんを起こしたことがあるかた
・ワクチンの成分に対してアレルギーが起こるおそれがあるかた
・抗凝固療法を受けているかた、または血小板減少症または凝固障害のあるかた

◇副反応などについて
Q1:新型コロナワクチン接種のリスクや副反応はどのようなものがありますか?
A1:副反応として、発熱、頭痛、疲労感、筋肉痛、寒気、関節痛などは比較的起こりやすい症状です。副反応は数日以内におさまるものが大半ですが、極めてまれに治療が必要になるほどの副反応として、アナフィラキシーがあります。

◎参考
先行接種の約2万人のデータから、以下の副反応が報告されています。

Q2:副反応が起きた場合はどうなりますか?
A2:予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。

問合せ:保健福祉課保健推進係
【電話】36-5511

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU