ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

十勝岳ジオパーク誕生への道

19/22

北海道上富良野町

今回の「十勝岳ジオパーク誕生への道」は、小倉博昭さん(十勝岳ジオサポーター・丘のまちDMOオフィス)が担当します。

私は、大雪山国立公園の十勝岳山麓をメインフィールドとする自然ガイドツアーを行っています。この2年間、十勝岳ジオパークサポーター・ガイドとして講習会や研修に参加し、その感想を一言で言えば「とても役に立っている」と言えるかと思います。
25年前よりこの地域でガイドを行っていますが、自分の趣味や嗜好(しこう)もあり、動植物に偏ったガイドを行っていました。その中で地域を深く理解して伝えるためには、活火山である十勝岳の特徴をもっと知ってもらいたいという思いを常に感じておりました。
そのようなときにジオパークの話が立ち上がり、観光ツーリズムガイド部会などにも参加し、講習を受けるにつれ、今まで知らなかった新たな視点から、この大地の成り立ちや火山と丘の物語を知ることができました。まだま勉強中ですが、従来の動植物の話の他に、大地と火山の物語を加えられるようになったことで、お客さまへの説明内容が広くなったのではないかと感じています。
ジオ(大地)というと、岩石や火山などの「硬い」話ばかりのようで、とっつきにくいかもしれませんが、決してそればかりではありません。十勝岳の噴火も見据えながら、地域で生きる人々が、十勝岳とともに暮らすために役立つ、さまざまな背景を知るためにも、多くの方々にジオパークへの興味を持っていただき、体験ツアーや講習会などに参加いただけることを願っております。

■十勝岳ジオパーク推進協議会事務局がリニューアルしました
4月から美瑛町と上富良野町の合同による事務局を美瑛町の「丘のまち郷土学館・美宙(みそら)」内に設置し、現在4人体制で活動を行っています。事務局はオープンスペースとなっていますので、気軽にお立ち寄りください。
また、上富良野町役場内のジオパーク関係の連絡調整は、企画商工観光課企画政策班が引き続き対応します。

■事務局
〒071-0205 上川郡美瑛町栄町4丁目1番1号
丘のまち郷土学館・美宙内
【電話】0166-76-4004【FAX】0166-76-4005【E-mail】info@tokachidake-geopark.jp

問合せ:企画商工観光課ジオパーク推進室
【電話】45-6994

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階