ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度予算 ~将来的な人口減少を見据えて~

3/43

北海道伊達市

予算書・予算概要は、市ホームページでも公開しています。

■予算の方針
平成31年度予算は、4月に統一地方選挙が控えていることから、市民生活に必要な経費を中心とした「骨格予算」とし、本市の将来に資する継続的な事業を中心に編成を行いました。
市債(市の借金)の発行額については、将来的な人口減少を見据えて従来の元金返済額の75%(発行額÷元金返済額)以内から60%以内を基本とするよう財政規律を改め、可能な限り抑制を行いました。
一般家庭の貯金に相当する市の基金のうち、財政調整基金を7億9千800万円取り崩すことで収支のバランスを図っています。

〈各会計の予算額〉

※端数処理の関係で合計などが一致しない場合があります

■主な事業の紹介
市民の皆さんが利用する道路や公園などの「都市基盤・生活環境の整備」を行う事業はもちろんのこと、特定不妊治療にかかる費用助成を新たに加えた「不妊治療費助成事業」、新生児の先天性聴覚障がいの早期発見を目的とした「新生児聴覚検査費助成事業」、今年度オープンするだて歴史文化ミュージアムで開催される「特別展等開催経費」などの予算を盛り込んでいます。

〈主な事業と予算額〉

〈一般会計予算〉

問合せ:財政課財政係(市役所2 階)
【電話】(直)82-3115
【電話】(代)23-3331
(内線372・373)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU