文字サイズ
自治体の皆さまへ

今月のお知らせ(2)

12/46

北海道北広島市

◆ひとり親家庭の資格取得などを支援します
◇ひとり親家庭の親の資格取得支援
・自立支援教育訓練給付金
医療事務や介護職員初任者研修など、市が指定した講座を修了した場合に支給します。
受講を申し込む前に相談してください。
対象:児童扶養手当を受けているか、同等の所得水準にあるひとり親世帯
支給額:支払った受講費用の60%(限度額は修学年数×40万円で上限160万円)
*対象講座の受講費用が2万円を超えない場合は支給されません。
*雇用保険の教育訓練給付の受給資格がある方は、その支給額との差額分を支給します。

・高等職業訓練促進給付金
看護師や保育士、介護福祉士、歯科衛生士などの養成機関で1年(情報関係の資格は6カ月)以上の課程を修業する場合に支給します。
講義が始まる前に相談してください。
併せて北海道母子寡婦福祉連合会が実施する「高等職業訓練促進資金貸付事業」も申請できる場合があります。
対象:児童扶養手当を受けているか、同等の所得水準にあるひとり親世帯
支給額:月額7万500円か10万円を最大48カ月
*最後の12カ月は月額11万500円か14万円です。
*住民税の課税状況により支給額が異なります。

◇ひとり親家庭の高等学校卒業程度認定試験合格支援
高等学校を卒業していないひとり親家庭の親や子が、高等学校卒業程度認定試験合格のための講座を受講する場合に、支払った受講費用の一部を支給します。
講義が始まる前に相談してください。
対象:次のいずれにも該当する方
・児童扶養手当を受けているか、同等の所得水準にあるひとり親世帯の方
・高等学校等就学支援金制度の対象にならない方
・合格することが適職に就くために必要であると認められる方
内容・支給額:
(1)受講開始時給付金…受講費用の30%(限度額7万5千円)
(2)受講終了時給付金…受講費用の40%から(1)を差し引いた額((1)と合わせて限度額10万円)
(3)合格時給付金…受講修了後2年以内に全科目合格した場合、受講費用の20%((1)、(2)を合わせて限度額15万円)

問い合わせ:子ども家庭課
【電話】内線2214

◆2022 北海道コンサドーレ札幌 市民応援デー
日程:9月11日(日)
vs.ジュビロ磐田
場所:札幌ドーム(札幌市豊平区羊ケ丘1)
北広島市民50000人を招待します。1人につき2枚まで申し込めます。
対象:市内にお住まいの方
申込方法:8月30日までに専用URLか二次元コード(本紙P12参照)にアクセス。申し込みフォームに必要事項を入力して送信
専用URL:【URL】https://form.jleague.jp/members/auth/index/CS/20793_tteb_212?cid=nmkdbRpFull&mode=default&favopp=CS_JleagueIdForm
*JリーグIDをお持ちでない方は、登録(無料)が必要です。
*応募多数の場合は抽選です。当選した場合、9月5日の18時頃に、チケット取得用URLを電子メールでお知らせします。
*キックオフ時間はコンサドーレ札幌ホームページをご覧ください。

問い合わせ:北海道コンサドーレ札幌
【電話】777-5310

◆スポーツ賞・文化賞の推薦
提出期限:8月26日
次の基準に該当する個人・団体を表彰します。所定の推薦書に必要書類を添えて担当課へ提出してください。
*小学校・中学校・高等学校・大学などに在籍中、受賞した方は、進学で校種が変わった場合、新たな大会などの成績から同じ賞以上の賞を申請できます。社会人の場合、スポーツ賞・文化賞を受賞した方は奨励賞を申請できません。
*団体の場合、構成員の3分の2以上が変わっていれば同じ賞を申請できます。
*基準となる大会やコンクールなどは令和2年9月1日~令和4年8月31日に開催されたもので、年齢や活動歴は令和4年9月1日、指導歴は令和3年9月1日現在です。
*推薦書は市ホームページ「教育委員会→手続き・申請・相談」から印刷できます。

◇スポーツ賞・ジュニアスポーツ賞・スポーツ奨励賞・ジュニアスポーツ奨励賞・スポーツ功労賞
対象:市内にお住まいの個人か、市内に所在する団体(スポーツ功労賞は個人だけ)

(スポーツ賞・ジュニアスポーツ賞)
・全国大会で個人で6位以内か団体で8位以内
・全道大会で優勝
・北海道記録を樹立
・日本代表選手として国際大会に出場
*小・中学生の場合は、ジュニアスポーツ賞です。

(スポーツ奨励賞・ジュニアスポーツ奨励賞)
・全道大会で個人で3位以内か団体で4位以内
・北海道代表選手として国際大会に出場
*小・中学生の場合は、ジュニアスポーツ奨励賞です。

(スポーツ功労賞)
・50歳以上で、同一競技の市のスポーツ発展に貢献し、体育団体の役員歴・個人や団体の指導歴が合わせて15年以上で顕著な功績がある
・同一競技で選手(団体を含む)の指導に専念し、優秀選手の育成に特に寄与し指導歴が10年以上で顕著な功績がある

問い合わせ:社会教育課
【電話】内線4843

◇文化賞・文化奨励賞・文化貢献賞・青少年文化賞・青少年文化奨励賞
対象:
(文化賞・文化奨励賞・文化貢献賞)
市内にお住まいか主な活動場所が市内にある18歳以上の個人か、18歳以上で組織する団体
(青少年文化賞・青少年文化奨励賞)
・市内にお住まいで、小・中学校や高等学校などに在学中か、相当する年齢の方
・市内にお住まいか通学し、小・中学校や高等学校などに在学中か相当する年齢の方で組織する団体
基準:
(文化賞)
・全国規模のコンクールなどで、最高賞か最高賞に次ぐ賞を受賞
・全道規模のコンクールなどで最高賞を受賞
・活動年数が30年以上で、全市的な規模で文化の振興に顕著な功績がある
(文化奨励賞)
・全国規模のコンクールなどで優秀な成績を収め、特に今後の文化活動が期待される
・全道規模のコンクールなどで連続して入選しているか、優秀な成績を収め、特に今後の文化活動が期待される
(文化貢献賞)
活動年数が1515年以上で、地区以上の規模で文化の振興に貢献
(青少年文化賞)
全国規模のコンクールなどで最高賞を受賞
(青少年文化奨励賞)
全国規模のコンクールなどで最高賞に次ぐ賞か、全道規模のコンクールなどで最高賞を受賞

問い合わせ:文化課(芸術文化ホール内)
【電話】372-7667

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU