ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

中山間地域等直接支払交付金事業

20/33

北海道大樹町

◆中山間地域等直接支払制度とは
気象などの農業生産条件が不利な地域(中山間地域等)において、農業生産活動の継続を図ることで、農業・農村が有する水資源を蓄え・育み・守っていく働きや洪水を防止する働きなどの多面的機能の確保を目的とする取り組みを支援する制度です。
大樹町では、平成12年度から令和元年度まで、大樹・晩成・生花の3集落で、集落協定に基づき各種活動を実施していました。
令和2年度からは晩成・生花の2集落で実施し、大樹地区は多面的機能支払交付金を活用した活動に移行します。

◆令和元年度の取組み
協定参加者数:3地域 224件
交付対象面積:7,112ha
交付金総額:1億672万円

◇共同取組活動の主なもの
・水路・農道の雑木除去・草刈りなど
・遊休サイロ、廃屋の撤去による農地の復元
・農業廃プラスチックのリサイクル
・草地更新時の土壌改良資材投入による地力の維持
・食育推進活動の実施

問合せ:農林水産課畜産係
【電話】6-2115

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU