ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

高齢者の相談窓口 大樹町地域包括支援センター

11/33

北海道大樹町

こんにちは、地域包括支援センターです。「らいふ」内の高齢者支援係が窓口です。高齢者の方やその家族からの相談を受けたり、地域で自分らしく生活できるよう、お手伝いする総合相談窓口です。

◆感染症対策と熱中症予防について
マスクをしていると、通常よりも熱中症のリスクが高くなるので、今まで以上に注意が必要です!
春の外出自粛の影響により、体力低下や暑さに慣れていないこと、感染予防のためにマスクをすることで、体に熱がこもりやすくなったり、息苦しくなったりして、熱中症のリスクが高まることも懸念されます。

◇熱中症のサイン
体が熱くなる、顔がほてる、めまい、立ちくらみ、お腹が痛い、吐き気がするなど、特にマスクをしていると顔色が分かりにくくなるので、ちょっとしたサインを逃さないよう、高齢者や子どもの様子を周りの人がよく観察する必要があります。

◇マスクについて
マスクはつけっぱなしではなく、周りに人がいないときはいったん外して、しっかり呼吸することも必要です。

◇熱中症予防のポイント
(1)栄養や睡眠をとって丈夫な体を作る
(2)こまめに水分補給する
(3)エアコン、扇風機を上手に使用する
(4)シャワーやタオルで体を冷やす
(5)部屋の温度を測る
(6)暑いときは無理をしない
(7)涼しい服装にする。外出時には日傘、帽子を着用する
(8)部屋の風通しを良くする
(9)緊急時、困ったときの連絡先を確認する
(10)涼しい場所、施設を利用する

高齢者の相談・問合せ:大樹町地域包括支援センター
【電話】6-2200

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU