ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成30年度 小平町表彰式

4/23

北海道小平町

小平町の自治、経済、教育、文化、社会事業等、町政の振興に寄与された方々を表彰する『平成30年度小平町表彰式』が11月3日、午前11時から文化交流センターにおいて行われます。今年の受賞者は次の方々です。

■功労者
【自治功労】
斉藤 展正氏(小平)
昭和45年4月1日、小平町に奉職以来、平成17年3月31日まで町職員として、平成17年4月1日からは副町長に就任し、地方自治行政に貢献されました。
また、平成23年10月1日から現在まで、小平町固定資産評価審査委員会委員として、平成25年12月25日からは委員長として固定資産の適正かつ公平な審査に寄与した功績は大であります。

■功績者
【自治功績】
斉藤 晃氏(小平)
昭和37年9月1日、小平村(現小平町)に奉職以来、平成13年3月31日まで町職員として、地方自治行政に貢献するとともに、平成14年10月1日から3期にわたり、小平町固定資産評価審査委員会委員を務め、さらには、平成23年6月14日から小平町選挙管理委員会委員、平成28年6月2日からは委員長として各種選挙の公正かつ適正な執行に努められています。
また、社会福祉分野においても、平成16年12月1日から小平町民生委員・児童委員として地域福祉の向上に努めているほか、小平町民生委員協議会会長や北海道民生児童委員連盟留萌支部長といった要職を歴任するなど、行政全般に資する貢献は誠に大であります。

【社会事業功績】
竹中 捷明氏(鬼鹿広富)
平成4年4月に小平町交通安全指導員に就任以来、各期別運動には率先して街頭指導に立ち、また、幼稚園・小学校の青空教室での指導や、地域行事での交通指導にも積極的に取り組むなど、交通安全意識向上のために果たした功績は多大であり、他の模範となるものであります。

【防災功績】
丸山 里司氏(達布)
実行力に富み責任感旺盛で、消防団員拝命以来38年有余の永きに亘り如何なる災害にも率先して出動し、その豊富な経験と沈着冷静な判断力で被害の軽減に努める等、地域防災に大きく貢献してきたところであります。
また、分団長として消防団組織の充実強化に大きく寄与すると共に、火災予防思想の普及のため積極的な啓蒙活動を推進する等、勤務成績も優秀で地域住民の信望も厚く、消防人の亀鑑とするところであります。

【防災功績】
髙野 善孝氏(寧楽)
品行方正にして正義感強く、消防団員拝命以来38年有余の永きに亘り消防業務に精励し、防火思想の普及・消防体制の強化に意を注ぐ等、地域防災に大きく貢献してきたところであります。また、副分団長として部下の育成や資質の向上に努め、訓練を通して消防技術の練磨を図り、団員は元より地域住民からも広く敬愛され、その功績は誠に顕著であります。

■善行
桜花グループ
平成12年4月のグループ設立当初から18年間に渡り、月に1度、小平町立特別養護老人ホーム愛生園のシーツ交換ボランティアを欠かさず行ってこられました。
平成30年3月をもって、構成メンバーの高齢化等によりシーツ交換のボランティアを終了する運びとなりましたが、この間、施設利用者の生活及び施設と地域との交流の充実に寄与されました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル