文字サイズ
自治体の皆さまへ

いいね! 農業センター君

10/18

北海道幌加内町

■生薬特集1 センターで試作している生薬
「ワンポイントアドバイス」で「身近な生薬」というタイトルでいくつか紹介してきました。今回は少し生薬に焦点。当センターで地域適応性試験を実施している「生薬」を紹介します。

▽当帰
生育期間:2年
使用部位:根、根茎
薬効:強壮、鎮静、鎮痛、貧血症等
栽培適地:気候はやや冷涼、排水良好土壌調整加工が長いので豪雪地は不向き

▽薬用シャクヤク
生育期間:5年
使用部位:根
薬効:鎮痛、陳痙(ちんけい)、冷え
栽培適地:気候は寒暖ともにOK、病害や成分が高まる等で寒冷地が適地

▽ハトムギ
生育期間:1年
使用部位:種皮を除いた子実
薬効:水分代謝を調節し、関節や筋肉腫れ、神経痛、関節痛、筋肉痛などの病変改善や胃腸病改善
栽培適地:排水性・保水性ともに優れ、日当たりがいい肥沃地。北海道は名寄市が北限とされる。

※1 当帰や薬用シャクヤクは単品でなく、色々な生薬と混和して色々な「漢方薬」になることが主。ハトムギは単品で「お茶」等がある。
※2 病害虫防除薬や除草剤は使える数が少ないので注意。
幌加内町の将来に向けて試験研究中!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU