ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

すこやかだより

9/13

北海道平取町

びらとりの「 がん」につ いて知ろう!!
~子宮がん編~

◆最近の子宮がん事情
子宮がんは、子宮の入り口( 頸部) にできる「子宮頸がん」と子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があります。この2つを総称して子宮がんと呼んでいますが、原因も発症のメカニズムも異なるがんです。

子宮頸がんは子宮がんのうち約7割を占めます。以前は発症のピークが40〜50代でしたが、最近は20〜30代の若い女性に急増しており、30代後半がピークとなっています。また、子宮体がんは50〜60代で多く、全ての年齢層で年々増加傾向にあります。

平取町の子宮がんの死亡率は、SMR値より、全国、全道と同等であることがわかります。

◆子宮がんの原因
▽子宮頚がん
子宮頸がんのほとんどは、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染が原因であることがわかっています

▽子宮体がん
子宮体がんは、閉経以降に、リスクが高くなります。また、女性ホルモン、肥満、高血圧、糖尿病とも関わりがあるといわれています。

◆子宮がん早期発見のために
子宮がんはがん検診で早く見つけることができます。
また、早期発見・早期治療で完治が見込めます。2年に一度は検診を受診しましょう。気になる症状がある場合は、速やかに受診しましょう。

▽がん検診
子宮頸がん検診は子宮の入り口付近を、子宮体がん検診は子宮の内部を綿棒などで軽くこすって細胞を採り、顕微鏡で調べる検査が一般的です。
胃がんや大腸がんの検査のように、検査前に絶食したり、下剤を飲んで腸の中をきれいにしておくような処置もなく、比較的簡単に受けることができる検査です。

▽自覚症状(気になる症状)
不正出血、おりものの増加、下腹部痛などです。少しでも気になる症状があるときには、速やかに医療機関を受診しましょう。

◆検診から始める健康ライフ
町では、ふれあいセンター、札幌バス検診、また、個別で苫小牧市内の医療機関での検診など検診体制を整えています。2年に一度は検診料金の助成もあります。
受診する際には、事前に保健推進係に申し込みなどが必要です。
また、まちだよりでもお知らせしていきますので、ご確認ください。

検診・健康に関するご質問やご相談をおまちしてます!

問合先:保健福祉課保健推進係(ふれあいセンターびらとり)
【電話】4-6112

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル