ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

すこやかだより

6/11

北海道平取町

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除されましたが、第二波の広がりも心配され、依然として油断ができない状況です。新型コロナウイルス感染症と向き合う生活はまだ続くため、今月も新型コロナウイルス感染症に関係した特集をお伝えします。

■新しい生活様式
 再び感染が拡大しないように、「新しい生活様式」が示されました。
すでに気を付けている方は多いと思いますが、一人ひとりができる感染予防対策を日常生活に定着させることが必要です。生活をする上で気をつけるべきことが買い物や移動、スポーツといった場面別にまとめられていますので、一部を紹介します。

・身体的距離の確保(人との間隔はできるだけ2メートル空ける)
・マスクの着用
※夏になるとマスクにより熱がこもり、体温が上がりやすくなるため、熱中症のリスクが高くなります。十分に気をつけてください。
・手は水と石鹸で30秒ほど洗う
・咳エチケットの徹底
・会話をする際は、可能な限り真正面を避ける
・こまめに換気
・「3蜜」を回避する(密集、密接、密閉)
・健康チェック(発熱・風邪症状がある場合はムリをせず自宅で療養してください)

■新型コロナウイルス感染症の健康二次被害を防ごう
 新型コロナウイルス感染症の影響で外出を控えた結果、運動不足になる人が増え、「コロナ太り」という言葉も聞かれるようになりました。そのなかで「健康二次被害」として次にことが心配されています。
・免疫力の低下
・持病の悪化(糖尿病・高血圧など)
・肥満
・筋力低下による転倒・骨折
・ストレスによる心の病気
・認知機能の低下
 皆さんは、体型・体調の変化はありませんか。体重増加だけでなく、筋力の低下や生活習慣病の予防や重症化予防のため、「新しい生活様式」を取り入れ、意識をして体を動かしましょう。

■運動の注意点とヒント
・体調が悪い時は無理をしない
・継続して行うことが大事
・散歩は少人数で行う
・公園は人の少ない時間や場所を選ぶ
・筋トレやヨガは自宅で動画を見ながら行う
・家の中や庭でできるラジオ体操、スクワットなどを行う
・座る時間を減らし、足踏みなどを意識して体を動かす

厚生労働省のホームページにも全国のご当地体操資料や動画が掲載されています。自分にあった運動や体操を毎日すこしづつ続けることで効果があります。加えて、運動は体重管理や筋力維持向上だけでなく、ストレス解消やリフレッシュにもつながります。

新型コロナウイルス感染症に負けないよう、予防を心がけながら健康管理をしましょう。
自宅での筋トレメニューをおすすめします。

問合わせ先:保健福祉課 保健推進係(ふれあいセンターびらとり)
【電話】4-6112
お気軽に問合わせください。

■自宅でできるおすすめ筋トレメニュー
ホームページでご確認ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU