ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

叙勲、白寿祝、感謝状贈呈

6/47

北海道新ひだか町

◆春の叙勲
▽旭日中綬章(地方自治功労)
元北海道議会議員 酒井芳秀(よしひで)さん(75)
静内山手町

酒井さんは、昭和58年に北海道議会議員に初当選し、以来、5期20年にわたり、道政の発展に貢献されました。この間、北海道議会議長などの要職を歴任し、農林漁業経営の安定化や義務教育の推進などに取り組みました。
また、平成16年8月に静内町長に当選し、将来の町づくりを見据え、円滑な市町村合併を推進されたほか、平成18年4月からは新ひだか町長として平成30年4月までの12年余りにわたり、住民福祉の向上や産業経済の発展に情熱を注ぐなど、町政各般の振興発展に尽力されました。
「長く支援していただいた管内外のたくさんの方々、この道に旅立たせてくれた亡き父母、ともに頑張ってくれた妻のおかげであり、深い感謝の念で一杯です」と語りました。

▽瑞宝単光章(国勢調査功労)
元国勢調査員 立中柳二(りゅうじ)さん(79)
東静内

立中さんは、昭和35年から平成17年まで計10回の国勢調査員として従事し、豊富な知識と経験を持って正確、かつ、適切な調査活動に尽力するとともに、調査地区住民へ調査の重要性・必要性を十分に説明し、精度の高い調査の実施に努められました。
「身に余る賞をいただき大変光栄です。皆さんの協力があって続けられることができました。協力してくださった地域の方や関係者、家族に感謝しています」と語りました。

▽瑞宝単光章(消防功労)
元日高中部消防組合新冠消防団分団長 山岡隆幸(たかゆき)さん(76)
静内柏台

山岡さんは、会社に勤務する傍ら、昭和41年に新冠町消防団に入団し、平成13年からは日高中部消防組合新冠消防団分団長を歴任され、平成19年に退任するまでの41年2か月余りの長きにわたり、組織の整備充実、団員の指導育成・技術の向上に尽力されました。
平成15年の台風10号による河川氾濫では、地域住民を安全地帯へと避難誘導するなど被害を最小限に食い止めました。
「続けられたのは消防職団員を初めとする関係者の方々、地域の方々、家族の支えのおかげです。協力してくださった方々に心から感謝します」と語りました。

◆叙勲伝達、新ひだか町功労賞
▽旭日単光章(地方自治功労)
元新ひだか町議会議員 故 増本裕治(ゆうじ)さん(69)
静内御幸町

元新ひだか町議会議員で、昨年12月に逝去された増本裕治さん(享年69年)が、旭日単光章を受章し、静内御幸町の自宅でご遺族に伝達しました。また、多年にわたり町政発展に貢献された功績をたたえ、新ひだか町功労賞の表彰楯が贈られました。
増本さんは、平成7年に静内町議会議員に初当選し、平成18年4月には新ひだか町議会議員に当選、以来、平成26年4月までの5期18年11か月余りにわたり町議会議員として活躍されました。この間、新ひだか町議会議会運営委員会委員長など数多くの要職を歴任され、地方自治の振興に尽力されました。

◆白寿祝
○三宅ツイ子さん(99)
三宅ツイ子さんが5月10日に白寿を迎え、入所先の住宅型有料老人ホームさくら御園館で、町から祝い状、社会福祉協議会から記念品が贈呈されました。
三宅さんは静内豊畑で生まれ、農業を営みながら子育てされました。現在は、さくら御園館で職員やお友達との会話を楽しみながら、好きなテレビ番組を見ることを楽しみに過ごしています。
家族の方は、「白寿おめでとう。これからも元気に長生きしてほしいです」と話しました。

◆退任自治会長へ感謝状贈呈
長年にわたり自治会長を務められた方々へ感謝状が贈られました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU