ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの暮らし情報 5月〈その他〉

15/27

北海道新十津川町

■Jアラートによる全国一斉情報伝達試験
緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達が行えるよう、全国瞬時警報システム(Jアラート)による全国的な試験が行われます。
試験放送が防災無線機と屋外拡声器から流れますので、実際の放送とお間違えのないようにご注意願います。
なお、災害などの状況により、試験が中止になる場合があります。
日時:5月20日(水) 午前11時頃

問合せ:災害対策事務局(総務課内)
【電話】76・2131

■6月は「外国人労働者問題啓発月間」です
・雇い入れる前に、就労が認められるか在留資格を確認してください。
・外国人の雇い入れ、離職の際には、必ずハローワークに届け出てください。
・労働保険、社会保険等の加入をはじめ適正な雇用管理を行ってください。

問合せ:ハローワーク滝川
【電話】22・3416

■介護予防・日常生活圏域ニーズ調査
65歳以上の方(要介護1~5の方および長期入院中の方を除く)全員に4月に送付しましたニーズ調査について、回答期限を延長しました。
回答期限:5月31日(日)
提出方法:同封の返信用封筒に入れて近くのポストに投函するか、保健福祉課にご提出ください。

問合せ:保健福祉課介護・福祉G
【電話】72・2000

■山菜採りの遭難事故防止
本格的な山菜採りのシーズンとなる毎年5月から6月、遭難事故が多発しています。
自分は大丈夫と考えず、入山の際は万全の準備を行い、次のことに十分注意しましょう。
・家族に行き先や帰宅予定時間を知らせる。
・単独では行動せず、仲間同士で声を掛け合って常に位置を確認し、迷ったら歩き回らない。
・目立つ服を着て、携帯電話、雨具、笛、熊よけの鈴、予備の食料、水、懐中電灯を持つ。
・熊の出没情報に注意し、足跡やふんを見た時はすぐに引き返す。
・私有地や立ち入り禁止区域には入らない。

○もし遭難したら…
捜索には捜索する人の人件費、ヘリコプターの運行費など多額の費用がかかります。
その費用は原則として、遭難した人や家族の負担となります。

問合せ:災害対策事務局(総務課内)
【電話】76・2131

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU