文字サイズ
自治体の皆さまへ

水銀使用製品の適正処理にご協力を

3/20

北海道歌志内市

水銀及び水銀化合物の人為的な排出から、健康及び環境を保護することを目的に、「水銀に関する水俣(みなまた)条約」が発効されています。
これに伴い、水銀を使用した製品の廃棄について、より適正な分別処理が必要です。
家庭で使用されている水銀使用製品を燃えるごみに出してしまうと、集めるときに割れたり、燃やした後の排ガスに混ざってしまうなど、ごく少量の水銀が大気中や水中に排出され、健康被害や環境汚染をもたらす恐れがあります。
水銀使用製品の適正な分別処理にご協力をお願いします。

■皆さんにお願いしたいこと
「蛍光管、ボタン電池、水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計」などは、水銀を使用した危険ごみです。
危険ごみは中身の見える透明な袋に入れ、第1・2・3水曜日の朝8時までにごみステーションに出してください。
また、電池を使用している製品を廃棄するときにも電池は必ず取り出し、適正に処理してください。

問い合わせ:環境交通グループ(市役所1階【電話】42-3217)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU