ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

知って備える防災メモ第75回 『山菜』と『命』どちらが大切ですか

3/43

北海道登別市

雪解けとともに、若葉が一斉に芽吹くこの季節。市内では、毎年、山菜採りによる遭難が発生しています。2017年には、消防や警察、自衛隊などによる大規模な捜索でも、発見に至らなかった事例もあります。

■慣れや過信は禁物
山菜採りの初心者だけではなく、毎年入山しているベテランの方も遭難しています。同じ場所でも、天候や木々の生い茂り方などにより、山は変わった表情を見せます。
山菜を求めて、自分の命を危険にさらすことの無いようにしましょう。

■安全な山はありません
『自分は遭難しない』と考えるのは禁物です。どんな人でも入山すれば遭難の危険性があることを理解し、注意を払って行動してください。
・出発前に天気予報を確認する
・行き先と帰宅時間を家族などに伝える
・一人で入山しない
・目立つ服装にする
・携帯電話や軽食、水を必ず持ち歩く

■もし遭難してしまったら
自分の位置が分からなくなったり、同行者からはぐれた場合は、遭難したことを受け入れ、冷静に行動することが大切です。むやみに歩き回らず、笛や声で周囲に異常を知らせましょう。
また、携帯電話が使用できる場合は、110番や119番に発信することで大まかな位置を知らせることができる可能性があります。しかし、山の中では、携帯電話のバッテリーの減りが早くなることが多いため、無駄な通話は止めましょう。

■クマの出没に注意
2018年には、市内でクマの足跡が発見されていますので、クマへの注意も必要です。
・鈴などで音を出しながら行動する
・フンや足跡などを見つけたらすぐに下山する
・ゴミは必ず持ち帰る

問合せ:総務グループ
【電話】85-1130

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU