ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民健康保険税率のお知らせ

11/36

北海道真狩村

1.国民健康保険税率

平成30年4月から国保の財政運営の責任主体として、北海道が国保の保険者に加わりました。
この国保の都道府県化に伴い、財政基盤が安定し、医療費増加リスクを全道で分散させていくことができるようになりました。道としては、今後も全道で同じ水準の保険税をめざしていきます。
そのため、道は国保事業納付金に充当するため、道内の市町村に標準保険料率を示し、村はそれを参考に保険税率を決定することとなっています。
このたび、平成31年度の国保税率が決定しましたのでお知らせします。
また、国の制度改正に伴い、保険税の軽減制度の所得基準額も拡大になりました。
平成32年度以降の税率については、国や道の動向を見極めながら、道が示す標準保険料率を参考に、引続き、村で税率を決定する予定です。

2.軽減判定所得について

国民健康保険税は、被保険者の前年中の所得等に応じて計算し課税されますが、前年中の世帯の総所得金額が一定基準以下の場合には、国民健康保険税の均等割・平等割を減額し、負担を軽くする軽減制度があります。このたび、軽減判定所得基準額が拡大になりました。(表の下線部分)

お問合せ:住民課医療保険係
【電話】45-3612

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階