文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度知内町教育行政執行方針(3)

7/34

北海道知内町

4.生き生きと学ぶ社会教育の推進
わが町・知内町は自然・歴史・文化、そして人という豊かな教育資源に恵まれています。知識・経験・技術をお持ちの個人を地域学習講師として登録する「生涯学習サポートバンク」を創設し、学校教育・社会教育に跨る幅広い教養講座を持続的に展開していくための体制づくりに取り組みます。
また、文化・スポーツ振興事業を継続し、幅広い年代の活動を支援し、活力あるまちづくりに努めるとともに、関係の委員会と連携を図りながら、中央公民館、郷土資料館、ふれあい工房、スポーツセンター等の機能を活かした事業を展開してまいります。
幼児家庭教育については、育児教室を定期開催することで、参加者のネットワークづくりに努め、読書を通じて親子が触れ合う「ブックスタート事業」を継続し「トマト収穫体験」をはじめ子育て学習機会の提供に努めてまいります。
青少年教育については、コロナ禍により学習・交流・体験の機会が減少していることから、工夫を凝らし、自然体験活動等の段階的な再開に努めます。
また、地域の教育力を活かした3地区の放課後子供教室を継続し、子どもたちの安全・安心な活動の場を提供いたします。
成人教育については、各文化団体への活動支援のほか「ギター教室」をはじめ、少人数で活動できる趣味の講座の企画運営や自主企画講座を奨励することで、個人・団体の主体的な学習活動を促し、まちづくりカフェでは様々な年代・業種の町民間交流に努めます。
高齢者教育については、生活の利便性を高めるICT活用の学習会や世代間交流を深める料理教室、健康・安全等の各種教養講座等の開催を通じて、知内みらい大学の充実を図り、高齢者が豊富な知識と経験を活かし、地域社会とのつながりを深められるよう、参加しやすい事業の企画・運営に努めます。
芸術・文化については、各世代のニーズに応じた芸術鑑賞事業の企画に努めるほか、町民の優れた芸術作品等を展示する「ミニ展示会」の開催や、楽器演奏・歌唱等の発表機会を企画・提供してまいります。
郷土資料館については、「みて、きいて、ふれて、考える」を基本に、幼児・児童には地域素材で豊かな感性を育む学びを提供し、生徒や社会人には「知内学のすすめ」・「ふるさと講座」等、知内の風土が培った歴史・文化を学ぶ事業を展開いたします。
また、自然や文化の体験的学習の場である「ミュージアム・パル」の開設を通じて、異世代間の交流を図ります。図書活動については、図書室利用者の利便性向上のため、配架の工夫やSNS等により新刊情報を随時発信するほか、令和3年度から始まる「第3次知内町子供読書活動推進計画」に基づき、ライラックの会や図書室ボランティア等の地域団体と連携し、読み聞かせ事業や図書室まつりの開催等、本に親しむ環境を提供してまいります。

5.令和の時代にふさわしい運動やスポーツの推進
知内町体育協会が設立から半世紀の歴史を刻み、51年目を迎えています。この間、社会構造の変化や生活様式の多様化が進み、令和の時代にふさわしい運動やスポーツへの新たなニーズが求められています。広く町民の皆様が自分の適性に叶う運動やスポーツに親しみを持てるよう
(1)楽しむことを目的とした生涯スポーツ
(2)可能性を追求する競技スポーツ
(3)健康づくりを目的とした健康スポーツ
(4)交流を図る共生スポーツ
以上4点の実現を図る各種事業展開により町民皆スポーツを推進してまいります。
また、感染予防という新たなスポーツ様式として、「しりうちニュースポーツスタイル10ヶ条」を発信し、コロナ禍にあっても、町ぐるみで安全にスポーツライフを楽しむ意識の普及に努め、「しりうち未来づくりセミナー」等の事業展開を通して、年代、性別、障がい、国籍等を問わず、運動やスポーツによる健康づくりや町民間交流の場を提供することで、新たな地域コミュニティづくりに努めてまいります。併せて、渡島西部4町共同事業のスポーツ合宿等による交流を継続してまいります。

■むすびに
令和3年度は「第三次知内学校教育中期推進計画」・「第八次知内町社会教育中期計画」の策定1年目を迎え、旧計画期間の成果と課題を踏まえ、新たな第1歩を踏み出す時期を迎えています。あらためて、「心豊かに創造性に富み、たくましく、郷土知内の未来をきりひらく人間」の育成に向けて、総合教育会議を通じて首長との連携を図り、信頼の原点である法令順守と服務規律の徹底に努めてまいります。
令和3年度知内町教育行政執行にあたり、町民の皆様並びに議会議員の皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

令和3年3月9日 知内町教育委員会教育長本間茂裕

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU