ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

民生児童委員だより一歩いっぽNo.7(1)

16/35

北海道稚内市

■記念誌発行にあたって
稚内市民生児童委員連絡協議会理事長 池田昭良
昨年、民生委員制度創設100周年という大きな節目を迎え、今般100周年記念誌を発行することができました。
全国の記念大会は、天皇・皇后両陛下のご臨席を賜り東京にて、全道大会は札幌市にて挙行されました。9月30日には「宗谷地方大会」を稚内市にて開催し、目的を共にする大勢の委員とご来賓ご臨席のもとお祝い致しました。
この100年、我が国の社会情勢は大きく変化してきました。しかし、その中に在って、無報酬の奉仕者である方面委員・民生委員は、それぞれの時代に於いて大きな役割を果たし今日に至りました。そしてそれを可能としたのは大勢の先達方々の思いや使命感、様々な困難に立ち向かう情熱があったからこそと言えます。
今日、少子・高齢化・人生100年時代・人間関係の希薄化等を背景に、社会や家族の姿は大きく変化しております。人々が直面する生活課題、福祉課題も多様化・深刻化する中に在って、民生児童委員に期待される役割は更に大きくなっております。
民生児童委員は、地域福祉の推進役として、住民とともに、安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組み、信頼される委員として101年に向けて歩を進めて参ります。
この度は、100周年記念誌に掲載された稚内市の6地区協議会の活動のほんの一部を紹介致します。
皆様には、今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、私共の記念誌が、今後の民生児童委員活動推進に大きく寄与できますことを願って結びと致します。

■稚内市中央地区民生児童委員協議会
北四から末広町内会まで14町内会会長より推薦を受けた21名の民生児童委員と2名の主任児童委員合わせて23名が各自の担当地区の現状把握、良き相談相手、困りごと解決を心がけて、活動しております
・一人暮らし老人誕生祝い声掛け訪問活動中

■稚内市北地区民生児童委員協議会
▽移動研修活動
H22.10.2~3(参加16名・札幌市)
・特定非営利活動法人「CAN」
・自立援助ホーム「シーズ南平岸」
H28.9.24~25(参加10名・札幌市)
・児童養護施設「南藻園」
・「子ども食堂」狸小路10丁目施設見学
「災害時一人も見逃さない運動」が提唱され、高齢者(要援護者)世帯調査を実施致しました。

▽施設見学
H24.2.15 特別養護老人ホーム富士見園
H24.11.19 老人保健施設らぷらーさ、特別養護老人ホーム緑風苑
H25.11.30 特別養護老人ホーム温心園、サロベツマイハート「ベーカリー夢工房」
H26.3.19 特別養護老人ホーム富士見園、グループホーム絆
H27.10.19 南宗谷ひだまりの会

■新任民生児童委員
宗谷:阿部悌一
東地区:佐藤栄子
東地区:道場郁子
東地区:丸本静子

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル