文字サイズ
自治体の皆さまへ

【くらしの情報8月号】保険・年金・税

19/35

北海道網走市

■障害基礎年金について
障害基礎年金は、国民年金加入中の病気・けがによる障がいの症状が、医療機関初診日から1年6ヶ月を経過した日、または障害認定日以降で、基準に該当する場合に受けられる年金です。
障がいの程度:等級表の1級または2級に該当する場合に支給されます。
※身体障害者手帳に記載された等級とは異なります。65歳を過ぎて症状が悪化してからの請求はできません。
必要な保険料納付要件:初診日が20歳未満である場合を除き、初診日を基準として、一定期間以上の納付または免除などの期間が必要です。
初診日が20歳前の病気・けがによる障がいの場合:20歳の時点で障害等級表に定める状態にあれば支給されます。保険料納付要件を満たす必要はありませんが、一定額の所得がある場合は支給額が制限されます。
※20歳到達時を認定日として請求する場合、20歳到達前後3ヶ月以内の症状を記載した診断書が必要です。障害年金は、状況により扱いが異なる場合が多く複雑な制度です。請求および受給決定後の保険料免除制度についてはお問い合わせください。

問合せ:戸籍保険課国民年金係
【電話】内線229(本庁舎1階)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU