文字サイズ
自治体の皆さまへ

男女共同参画コーナー ひゅ~ら〜Human Love〜

13/35

北海道網走市

「パートナーシップ制度」を知っていますか?
~多様な関係を認められる社会へ~
2015年の世田谷区と渋谷区を皮切りに、パートナーシップ制度の導入が進んでいます。北海道では札幌、江別、函館、北見の4市で導入されていますが、一体どんな制度なのでしょうか。

【パートナーシップ制度とは】
日本では同性婚が認められていないため、同性カップルは法律上の結婚ができませんが、自治体が独自に、同性カップルを「結婚に相当する関係」と証明する制度が「パートナーシップ制度」です。導入している自治体では、証明を受けることにより、公営住宅への入居や公営墓地の使用・継承などができます。また、会社での家族に関する福利厚生や、企業などが行うサービスを受けたり、家族として病院で医師の説明を受けたりできる場合もあります。
【法律婚との違いや課題点】
しかし、法的に家族関係が認められるものではないため、相続時に、パートナーの財産を相続できない、パートナーの子の親権者になれないなどの課題もあります。
また、要件に「両者の戸籍上の性別が同一」とある場合は、利用者が同性同士に限定されるため、公的機関などで証明書を使うと、意図せぬカミングアウトに繋がることもあります。そのため、一部の自治体では同性カップルだけでなく、事実婚の異性カップルのパートナーシップも認めるところもあります。
【みんなが過ごしやすい社会に向けて】
誰もが自分らしく過ごすためには、社会において自身をどのように表現したいかが大切です。多様性の広がりにより、多くの課題や問題点が新たに出てきますが、みんなで意見を出し、理解をすることで、誰もが過ごしやすい社会を作っていけると良いですね。
網走市男女共同参画プラン推進会議編集委員

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU