文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなでまちづくり 城下町のわだい

12/20

北海道羅臼町

◆[9月25日(金)~10月4日(日)]「知床羅臼National-Park Festival 2020」開催!
「知床羅臼National-Park Festival 2020」(主催知床羅臼NOASOBI-MANABI推進協議会)が実施され、町内各所にてイベントが実施されました。
「知床羅臼野遊びフィールド」では、スキー場の一部を活用し、1日3組限定でのキャンプサイトを設置しました。当日は町内外から宿泊者が集まり、最高のロケーションとともに仲間内やご家族での時間を過ごしていました。

「知床羅臼野遊びカフェ・ルサ」では、ルサフィールドハウスの敷地内に特設デッキを設置し、休憩所やコワーキングスペースとして皆様に利用いただきました。また、週末には知床財団による「ルサカフェ」が開催され、知床財団の職員の皆様や漁師の方々、町郷土資料館職員によるトーク・レクチャーイベントも行われました。
「知床羅臼HAPPYCAMP」は残念ながら中止となってしまいましたが、町内の青年層により組織された「TEAMHAPPYCAMP」が主催し、10月3~4日に羅臼オートキャンプ場を会場にキャンプイベントを予定していました。会場内には、町特産品の販売ブースやワークショップブースの出店等普段のオートキャンプ場にない特別な取り組みを行う予定でした。

これら3拠点の整備・運営には、各事業所をはじめとする町民の皆様にもご協力いただき、羅臼町一丸でイベントを行いました。
なお、今回のイベントでは、(株)スノーピーク地方創生コンサルティングのご協力のもと、各拠点において(株)スノーピークのギアを利用し、快適な空間を演出いただきました。
残念ながら悪天候のため、一部日程で中止等もありましたが、町内外からお越しの参加者の皆様の笑顔があふれる、素敵な時間となりました。

◆[10月13日(火)]高校生1日議会
次代を担う子ども達が地方自治に関する関心を高めることを目的として、高校生1日議会が開催されました。
議員役となったのは、羅臼高校2学年32名。町議員がアドバイザーとなり、町長はじめ教育長、担当課長へ一般質問を行いました。質問にあげられたのは、観光客に対する新型コロナウイルス感染症対策やごみ分別・不法投棄の問題等、また、それに伴う野生動物への餌付け問題と非常に印象深いものでした。
今回出された意見、要望等につきましては、改善につながるよう取り組んでいきたいと思います。

◆[11月12日(木)]第11回ESD大賞に輝く!
この度、NPO法人日本持続発展教育推進フォーラムが主催する『第11回ESD大賞』において、羅臼小学校の「羅臼昆布図鑑」や「セセキ温泉の清掃活動」が地域の特性を生かした取り組みとして高く評価され、【ベスト・アクティビティ賞】の受賞が決定しました。
12月6日(日)にオンラインで開催されるユネスコスクール全国大会にて授賞式が行われます。
受賞おめでとうございます。

◆応援ありがとうございました!
全道大会に出場した成果をお知らせします

町では協働のまちづくりを推進しています。
ここでは、町民や団体が自らの意思で「協働のまちづくり」を実践している方々を中心に取り上げ掲載していきたいと考えています。みなさんも「協働のまちづくり」にご参加下さい!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU