ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

都市建築住宅課からのお知らせ

20/58

北海道美唄市

■1.木造住宅解体の助成を行います
旧耐震基準木造住宅について耐震化を促進し、安全で安心な住環境の向上を図るため、下記の条件を全て満たす木造住宅を解体する方に対し、工事費の一部を助成します。事前に申請が必要ですので、必ず、工事着手前に問い合わせください。

◇助成対象住宅
・市内にある個人が所有する戸建住宅、長屋住宅、共同住宅または兼用住宅(兼用住宅の場合は居住部分のみが対象)
・原則、昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・国土交通省が定める基準により、建築士等が耐震診断(一般診断法)で上部構造評点が1.0未満の診断を受けたもの
・原則、住宅1棟全ておよび敷地内の付属工作物(基礎を含む)を取り壊し・撤去・処分した上で更地とする
・原則、建物およびその所在地の所有関係が明確であり、所有権以外の権利が設定されていないもの
・倒壊しているもの、家財道具処分、非住宅等は対象外
・この制度以外の国や地方公共団体の助成を受けていないもの
・自主施工による解体は対象外(請負契約を締結すること)
・区分所有長屋は残置する長屋の他の所有者に対し、当該住戸の解体についての同意を得ているもの

◇助成対象条件
・住宅の所有者(個人を対象。法人は除く)
・所有者世帯全員が市税を滞納していないこと(同じ建物に複数世帯でお住まいの場合、複数世帯全て)

◇解体施工者
解体工事の建設業許可を受けているもの、または北海道知事の解体工事者登録を受けたもの

◇助成額
助成対象工事の20%以内(助成限度額20万円)、諸経費および消費税は対象額外
※ただし、予算がなくなり次第、終了します。

■2.高齢者向け住宅改修の助成を受け付けています
◇助成対象工事
(1)バリアフリー化工事
・移動補助機器の設置
・床の段差解消
・手すりの取り付け など
(2)断熱・防寒改修工事
・床・壁・天井断熱材を入れ替える
・玄関ドアや窓を断熱性の高いものに取り替える など
(3)(1)(2)の工事を行うに当たって必要な関連工事

《1 2 いずれも》
受付期間:5月7日(木)~令和3年2月26日(金)に工事が終了し、手続きが完了するもの
助成回数:1住宅(住戸)につき1回(未着工のものに限る)
※助成対象条件や必要書類など詳しくは市のホームページをご覧いただくか、問い合わせください。
※対象工事から除外する工事もあります。
※市内に事業所を有する法人か住所を有する個人事業者による請負が対象となります。

■3.戸建木造住宅を対象に無料耐震診断を実施しています
◇対象住宅
(1)昭和56年5月31日以前に着工
(2)2階建て以下、延べ床面積500平方メートル(約150坪)以下
(3)木造の在来工法(軸組工法、伝統的工法)で建築され、申請者が所有または居住している住宅

◇診断方法
(一財)日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法に基づき、診断ソフトにより実施します。診断は、提出された図面および老朽度についての自己申告に基づいて行い、現地調査はしません

◇申込方法
・都市建築住宅課に配置の申込書により申し込みください
・住宅の図面(仕上げ表、寸法の記入のある各階平面図で筋かいなどの位置および仕様の分かるもの、立面図)のコピーを添付してください

申込・問合せ:都市建築住宅課都市建築係
【電話】63-0139

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU