文字サイズ
自治体の皆さまへ

住宅に関する税金のお知らせ 固定資産税(家屋)の減額制度のお知らせ

7/56

北海道美幌町

◆新築住宅に対する減額
新築住宅は、固定資産税が減額されます。

▽対象家屋
専用住宅(床面積が50平方メートル~280平方メートル)、店舗等併用住宅(居住部分の割合が2分の1以上)、賃貸マンション等(専有部分と共用部分で判定)

▽減額期間
・一般住宅…3年
・長期優良住宅…5年

◆住宅改修工事等による固定資産税の減額
減額を受けるためには、令和6年3月31日までに工事が完了し、工事完了後3か月以内に申請が必要です。詳細は、税務課課税グループまでお問い合わせください。

○バリアフリー改修による減額
対象家屋:新築から10年以上を経過し(賃貸を除く)改修工事を行った家屋
要件:
(1)下記のいずれかの方が居住していること
・65歳以上の方
・要介護又は要支援の認定を受けている方
・障がいをお持ちの方(障害手帳等の交付を受けている方)

(2)補助金等を除いた自己負担額が税込50万円を超え、次の改修工事を行ったもの
通路等の拡幅、階段の勾配の緩和、浴室の改良、便所の改良、引き戸への取替、手すりの取付け、床の滑り止め化、段差の解消 等

○耐震改修による減額
対象家屋:昭和57年1月1日以前から現存している住宅(賃貸を除く)で、現在の耐震基準に適合する工事を行った家屋
要件:
(1)耐震改修費用が税込50万円を超えていること
(2)増改築等工事証明書等を提出すること

○省エネ改修工事による減額
対象家屋:平成26年4月1日以前から現存している住宅(賃貸を除く)で、改修工事を行った家屋
要件:
(1)断熱改修部位がいずれも平成28年省エネ基準相当に新たに適合すること
(2)改修工事費用が税込50万円(補助金等を除いた自己負担額)を超えていること
(3)下記の1~3工事のうち、窓の改修工事を含んだ工事を行い、増改築等工事証明書等を提出すること
1.床の断熱工事、天井の断熱工事、壁の断熱工事
2.太陽光発電装置の設置工事
3.高効率空調機の設置工事、高効率給湯器の設置工事、太陽熱利用システムの設置工事

提出・問合せ:税務課 課税グループ
(【電話】77-6535・窓口2番)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU