ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

あなたの声は、町の宝 その声がこのまちをつくる。Hot Voice(ホットボイス)

16/60

北海道芽室町

・今月のホットボイスは8件でした。
・その他のホットボイス(項目のみ)
防災1件 まちづくり2件 教育2件 暮らし2件 医療福祉健康1件

※誌面の都合上、掲載しているのはいただいたご意見の一部です。また内容を要約する場合があります。
(町ホームページで全件公開しています)

◆個人情報の取扱いは大丈夫?
私の住む町内会の子ども会の年末行事の案内が配布されてきました。同時に小学生以下すべての子どもの住所、氏名、性別、世帯主名、生年月日とかなり詳細な情報のプリントも添付されてきました。これをみて大変ビックリしました。
これだけ個人情報の取扱いに神経を使う世の中でポストに投函されたプリントの「名簿」でも、ここまで詳しい内容を配布する必要があるでしょうか。少し苛立ちも感じました。
町内会役員で知っておく情報と町内に拡散して良い情報とは範囲が異なると思います。まして、子どもたちの情報です。
町内会は最小単位のコミュニティですが、氏名と学年の情報くらいでもコミュニティ活動は可能だと思っています。
今一度、町として確認と指導をして頂きたい要件だと思います。
(40代女性)

答:市街地連合会に伝えます!
いただいたご意見につきましては、各町内会で個人情報の取扱いに注意いただくよう、市街地町内会連合会に伝えます。
子ども会活動に限らず、防災や日常の見守りなど、町内会においては個人情報を扱う機会が多いことも事実です。
活動に必要な情報の取扱いについて町内会の中でもご協議、ご確認いただきながら、地域活動に積極的に参加いただきますようお願いします。
(企画財政課企画調整係)

◆防災ラジオで情報提供を
先日のブラックアウトの際、ごみ分別手引きのウラの防災の手引きを活用しました。とても便利ですね。新聞などで防災の記事を見かけた時は、保管するようにしています。いろいろなところに『情報はラジオで』と書いてありますが、どこに問い合わせても被害のひどい地域の放送が多く、芽室町のことはなかなかつかめませんでした。
地域おこし協力隊がラジオ出演しているとのことですが、災害時もそこにあわせたら芽室町からのお知らせを受け取れると平素から決めていただけたらと思いました。
(50代女性)

答:ラジオ局と災害協定を締結してます
この度は、芽室町防災とくらしのガイドブックの活用、また、防災情報に係る貴重なご意見をいただきありがとうございます。
災害時にラジオを活用することは、停電時においても情報を取得することが可能となることから、ご家庭で備えていただく備蓄品の一つとしてお知らせをしているところです。
ラジオを通じての災害情報はFM-WING(76.1MHz)及びFM-JAGA(77.8MHz)で十勝管内の情報を配信しています。
また、本町と両局は「災害時における放送要請」について災害協定を締結していることから、町内で大規模な災害が発生した場合はこちらのラジオ局から情報が配信されますので、お聴きくださいますようお願いします。
(総務課地域安全係)

◆ホットボイスのご意見は
・ホットボイスハガキ
・ホットボイスメール
【メール】k-kouhou@memuro.net
・町長ヘメール
【メール】mayor@memuro.net
・町長ヘファクス
【FAX】0155-6 2-7771

企画財政課広報広聴係
【電話】62-9721
【メール】k-kouhou@memuro.net

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階