ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 金町長就任挨拶

1/30

北海道蘭越町

10月20日に告示された町長選挙において、届出者が現職の金秀行氏以外に届け出がなかったことから、無投票での再選が決まり当選されました金秀行町長が、11月2日に開かれた町議会臨時会で述べられた2期目の就任挨拶から町政運営にあたっての基本姿勢をご紹介します。

■町民が主人公のまちづくりを
蘭越町長 金 秀行

本会議の大変貴重な議事日程の時間を頂戴いただきまして、2期目の町政をお預かりするにあたり、私の所信の一端を述べさせていただく機会を与えていただきましたことに心から感謝とお礼を申し上げます。
この度の任期満了による町長選挙におきまして、議会の皆さんをはじめ、町民の皆さんの温かいご理解とご支援を賜り、無投票当選のこの上ない栄に浴し、引き続き町政をお預かりすることになりました。
将来に責任を持つ町長の重責と役割の大きさに身の引き締まる思いでスタートした1期目の4年間は、これまで培った行政経験と人脈を活かして私が公約として掲げた「五つの基本政策」の確実な実施を目指し、その時々の情勢を勘案しながら住民が明るく元気に暮らせるまちづくりに全力を傾注してまいりました。
その結果、各方面において所期の目的が着実に推進できたものと感じておりますが、一方で、地方自治体を取り巻く環境は、依然として人口減少問題をはじめとする多くの課題が山積しており、併せて、新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない中にあって、未曽有の大変厳しい先行き不透明な状況化に置かれていると言えます。
このような困難な時代にあって、私は、本町の礎を築かれた先人たちの勇気、相(あい)助け合う心、そして様々な苦難にも耐え抜く力に思いを馳せ、その末裔(まつえい)として勇気を奮い起し、知恵を結集し、先人から受け継いだこの蘭越町に確かな足跡を刻むことが町政を担う責任者の果たすべき役割であると強く感じているところであります。
2期目の4年間は、今年度からスタートしました「第六次総合計画」の着実な推進を図りながら、五つの基本政策を基に進めてまいります。

(1)誰もが生き生きと暮らせる福祉のまちづくり
一つ目は、誰もが生き生きと暮らせる福祉のまちづくりです。
統合診療所の運営や昆布温泉病院への支援など一次医療の推進を図り、二次医療圏の倶知安厚生病院への支援や高齢者が安心して生活できる共生型住宅やケアハウスの検討も進めたいと考えます。
また、子育て支援についても充実を図ってまいります。

(2)地域産業が元気なまちづくり
二つ目は、地域産業が元気なまちづくりです。
担い手の育成やスマート農業の推進、新たに薬草栽培を産学官で共同研究し、その苗を生産者に供給して新たな振興作物等として取り組んでまいります。
また、らんこし米やワイン、加工品など、らんこしブランドの推進を図ってまいります。
森林環境譲与税等による森林整備、また商工業者の事業支援や新たな起業家の支援、観光物産協会への支援による観光振興を進めてまいります。

(3)人材を育む教育と学習のまちづくり
三つ目は、人材を育む教育と学習のまちづくりです。
ICT教育の推進を図るための環境整備や英語教育の強化、蘭越高校の存続支援、花一会図書館の充実、各種文化団体、スポーツ団体への支援など生涯学習活動の推進を図ってまいります。

(4)安全・安心な暮らしを守るまちづくり
四つ目は、安全・安心な暮らしを守るまちづくりです。
冬期間の除排雪体制の強化や地域公共交通体制の整備として地域内交通の充実や並行在来線運行対策の検討を進めてまいります。
港津波避難タワーの建設や避難所備品の整備を実施し、防災強化を図ってまいります。
また、再生可能エネルギーとしての民間事業者による風力発電や地熱開発調査などに協力をしてまいります。

(5)健全な行財政運営と自立するまちづくり
五つ目は、健全な行財政運営と自立するまちづくりです。
限られた財源を有効に活用して、健全な行財政運営に努めてまいります。また、人材の育成にも力をいれてまいります。
ふるさと納税の取組も観光物産協会と連携し充実させてまいります。
移住、定住促進を推進し、人口減少対策に努めると共に、交流人口や関係人口の推進にも努めてまいりたいと考えています。この五つの柱で次代へ繋ぐまちづくりを町民が主役となって担えるよう「町民が主人公のまちづくり」に全力で取り組んでまいります。
そして、この度の無投票当選におごることなく、町長就任時の初心を忘れずに誠意と情熱を持って町民の声に耳を傾ける現場主義を大切にして、課題を検証し、町民に寄り添った各種事業を展開してまいります。
議会の皆さん、町民の皆さん、そして関係機関各位の格別のご理解とご協力、そしてお力添えをいただきますよう、心からお願い申し上げまして、言葉足りませんが、2期目の当選にあたりまして所信の一端とご挨拶とさせていただきます。

▽金秀行町長のプロフィール
昭和30年11月:喜茂別町生まれ
昭和43年3月:喜茂別小学校卒業
昭和46年3月:喜茂別中学校卒業
昭和49年3月:北海道立喜茂別高等学校卒業
昭和55年3月:明星大学理工学部卒業
同年4月:蘭越町役場採用
平成元年4月:産業課農政係長
平成6年4月:産業課農務水産係長
平成8年6月:総務課庶務係長
平成10年4月:総務課企画室長兼地域政策室長
平成13年4月:総務課長補佐
平成14年2月:総務課長補佐兼町村合併対策担当主幹事務取扱
平成15年11月:蘭越町・ニセコ町・倶知安町合併協議会派遣
平成17年4月:総務課長
平成25年3月:副町長に選任
平成28年11月:蘭越町長に就任
令和2年11月:蘭越町長に就任(2期目)

■当選証書付与式
10月26日、役場3階会議室において、当選証書付与式が執り行われました。
付与式では、山口選挙管理委員長から、金秀行氏に当選証書が手渡されました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU