ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ロタウイルスワクチン予防接種のお知らせ

2/32

北海道釧路市

10月1日(木)からロタウイルスワクチン予防接種が定期接種化されたことに伴い、下記のお子さんを対象に無料接種を実施します。
予防接種をすることで、感染そのものや重症化を防ぎましょう。

■ロタウイルス胃腸炎とは?
口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎による入院の中で、もっとも多い感染症です。
一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響を及ぼすこともあり、注意が必要です。生後、すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は早い時期に始め、完了させます。

■ワクチンについて
ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、飲むワクチンです。予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なりますので、他のワクチンの接種スケジュールなどを考慮して選択しましょう。なお、途中からワクチンの種類を変更することはできませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。
このワクチンは、ロタウイルス胃腸炎の発症そのものを7~8割減らし、入院するような重症化をほとんど予防できます。

対象となるお子さん:令和2年8月1日以後に生まれた、次に当てはまるお子さん
(1)経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン(ロタリックス)を使用する場合は、出生6週0日後から24週0日後までのお子さん
(2)五価経口弱毒生ロタウイルスワクチン(ロタテック)を使用する場合は、出生6週0日後から32週0日後までのお子さん
接種間隔・回数:
・ロタリックス…27日以上の間隔をおいて2回経口接種
・ロタテック…27日以上の間隔をおいて3回経口接種

[実施医療機関一覧]

◆異なった種類のワクチンの接種間隔の変更について(10月1日(木)から変更)
異なった種類のワクチンの接種間隔が10月1日(木)から一部緩和され、「注射生ワクチン(BCG、麻しん・風しん混合、水痘、おたふくかぜ)と注射生ワクチンの間隔を27日以上おく」以外の制限は撤廃されます。
接種する医療機関と相談をして接種日程を決めてください。

問合先:
・市役所健康推進課【電話】31-4524
・阿寒町行政センター保健福祉課【電話】66-2120
・音別町行政センター保健福祉課【電話】01547-9-5252

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU