ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルスに負けない! 生活のポイント(2)

4/38

北海道音更町

~新型コロナウイルス感染症関連情報~

■規則正しい食生活を!
食事をしっかり取ることは、栄養状態を良くし、免疫機能を高めます。3食欠かさず、食事のバランス(主食・主菜・副菜)を意識するよう心がけましょう。偏食や欠食、間食の食べ過ぎは、栄養の偏りや肥満の原因になります。心当たりのある人は、食事内容を見直してみましょう。本紙19ページで健康相談・栄養相談についても記載しています。

■人との交流を!
こころの健康を保つためには、人との交流や助け合いが大切です。直接会わなくても、電話やメール、手紙などを活用し、最近の様子を伝え合ったり悩みを聞いてもらったりすることで、自分の気持ちがスッキリとします。

■こころの体温計
「心の体温計」は、気軽にいつでも、どこでも、質問に答えると、ストレスや落ち込みの状態をチェックできます。ぜひこころのケアにお役立てください。
利用方法:パソコンやスマートフォンで町のホームページから、くらし≫毎日の生活≫健康・医療≫成人保健≫こころの体温計を開き、チェックできます(本紙5ページ掲載の二次元バーコードからもアクセスできます)。
※利用料は無料です(ただし、通信料は利用する人の自己負担となります)。

■新しい生活様式って?
新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が解除となりました。しかし、いまだ新しい感染者が確認されており、引き続き感染拡大を防ぐためのマスク着用や手洗い、そして「3つの密」を徹底的に避けることが重要です。感染拡大防止と日常生活を両立していくため、「新しい生活様式」を取り入れた行動をお願いします。皆さん一人ひとりの協力がとても大切です。

◆新しい生活様式の具体例
▽買い物
・通販を利用する
・すいた時間に素早く済ませる
・1人または少人数で行く

▽食事
・大皿、おしゃべり、大人数での会食は避け、横並びで食べる
・持ち帰りや出前を活用する

▽スポーツ・娯楽
・ジョギングは少人数で距離を取って行う
・公園はすいた時間・場所を選ぶ

▽生活
・毎日検温する
・こまめに手洗いと換気を行う
・発熱や風邪の症状があるときは自宅療養する

▽外出・移動
・発生したときのために会った人と場所を記録する
・人との距離はできるだけ2m空ける
・感染が流行している地域との往来は控える
・マスクを着用し、帰宅後は丁寧に手洗いする

■これからは熱中症にも注意!
マスクの着用は、体内に熱がこもりやすく体に負担がかかるため、屋外で周りに誰もいないときには、一時的に外すことも必要です。
また、着用の際は、負荷のかかる作業や運動は避け、距離をとって休息を取ることも大切です。
マスクの着用によりのどの渇きも感じづらくなりますので、時間を決めて水分補給も行いましょう。

相談・問合先:保健センター内保健課
【電話】42-2712

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU