ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

現に所有する者(相続人など)の申告が制度化されました

12/40

千葉県佐倉市

■固定資産をお持ちのかたが亡くなった場合 現に所有する者(相続人など)の申告が制度化されました
固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日現在の土地または家屋の登記簿上の所有者に課されますが、登記簿上の所有者がお亡くなりになっている場合は、土地または家屋を現に所有する者(相続人など)に課されます。
令和2年度の税制改正により、現所有者の申告が制度化されました。納税義務者が亡くなった場合は、3か月以内に固定資産の現所有者を申告していただく必要がありますので、相続人全員で協議のうえ、納税通知書など、賦課徴収に関する書類を受け取る代表者を決めていただき、「相続人代表者指定届・固定資産現所有者申告書」をご提出ください。
また、お亡くなりになったかたが未登記の家屋を所有している場合は、別途「固定資産未登記家屋所有者変更届」の提出が必要となります。
市内にお住まいのかたが亡くなり、申告が必要な場合は、相続人に申告書を郵送します。
※詳細は市ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください

問い合わせ:資産税課
【電話】484-6216

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU