ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

No.135 エコ☆ニュース

8/14

千葉県南房総市

今月の環境標語
『再利用 広がる未来 無限大』
平成30年度環境標語コンテスト 優秀賞

■エコライフ体験!「緑のカーテン」で快適に過ごそう!
市では、環境活動の一環として、地球温暖化防止対策につながる「緑のカーテン」づくりに参加していただける市民の皆さんに毎年、ゴーヤの苗を無料で差し上げています。
今年度は市内にある事業所も対象になりました。
「緑のカーテン」でCO2の削減と省エネに取り組んでみませんか?

配布日:5月22日(水)8:30~
配布場所:環境保全課、朝夷行政センター、各地域センターの窓口
対象者:市内在住または、市内事業所でゴーヤの生長記録(写真など)を報告できる人
配布人数:各窓口先着順7世帯(または事業所)まで
配布数:1世帯(または事業所)につき4株まで

□緑のカーテンの効果は・・・
ツル性の植物を建物の窓辺や外壁に這わせることにより、太陽の光や熱が遮られ、部屋の温度上昇を抑えることができます。また、植物の葉から蒸発する水分が周りの温度を下げる効果もあるので、エアコンなどの冷房機器に頼り過ぎず過ごすことができ、省エネルギー効果や建物に熱を蓄積させないことによるヒートアイランド対策として効果が期待できます。
また、実のなる野菜を植えれば、収穫するだけでなく、自分たちで育てたものを食べるという喜びや苦労などを学ぶことができ、環境教育や市が進める地産地消事業、食育推進事業につながっていきます。

▼地球温暖化が止まらないと…
このまま地球温暖化が進めば、世界中の自然や暮らしにさまざまな影響が出てきます。
▽1℃高くなると
大雨などの異常気象によるリスク(危険性)が高くなります。

▽2℃高くなると
環境の変化に適応する能力が限られている生き物は、非常に高いリスクにさらされると言われています。例えば、サンゴは白くなり、やがて死んでしまうかもしれません。

▽3℃高くなると
グリーンランドなどの氷床が大規模に溶けて戻らなくなってしまいます。

▼もしかするとこんなことも…
▽温暖化が進んだ日本の姿「2100年の天気予報」
・東京の最高気温は43.6℃
・真夏日は104日
・全国で12万人が熱中症で病院に搬送される
・局地的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨
参考:環境省「2100年未来の天気予報」

▽デング熱を流行させる蚊が北へ
デング熱をばいかいする「ヒトスジシマカ」は、現在、秋田県や岩手県より南に生息していますが、2100年には北海道南部にまで北上するという予測もあります。

問合せ:環境保全課
【電話】33-1053

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階