文字サイズ
自治体の皆さまへ

新年のごあいさつ

1/17

千葉県南房総市

■南房総市長 石井 裕
『市民が輝き 誰もが活躍できるまちづくり』
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年は、延期されておりました東京オリンピック・パラリンピックが開催され、観戦もままならない状況ではございましたが、出場選手が活躍する姿を見聞きすることができ、コロナ禍で疲弊した日常生活に感動を与えてくれました。
また、新型コロナウイルス感染症につきましても、8月下旬から新規感染者数が大きく減少し、第六波の到来が危惧されつつも、今後は徐々に経済が回復していくことが期待されております。これもひとえに皆様の新型コロナウイルス感染拡大防止策に対する、ご理解とご協力の賜物であり、心より感謝申し上げます。
本市においても、医療体制の確保、感染防止対策の徹底、ワクチン接種の推進により、できうる限りの対策を続けながら地域の産業を守るため、国県とともに市独自の経済対策を展開し、今後も皆様と手を取り合って地域経済の立て直しに取り組んでまいります。
新たに迎えた本年は、国の掲げる行政のデジタル化や年々激甚化する災害への備えなど、多くの課題がございますが、一歩一歩、着実に歩みを進めてまいります。また、本市では昨年の8月に「ゼロカーボンシティ」を宣言し、国の「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」という地球温暖化対策の目標達成に向けて、脱炭素社会の実現を目指すことを表明しました。今後、省エネルギー対策の推進、再生可能エネルギーの普及促進等による二酸化炭素排出量の削減への取組のほか、森林等の吸収源対策についても取り組んでまいります。
そして、急速に進行する人口減少と少子高齢化に歯止めをかけるため、「第二次総合計画」の重点課題である「子育て世代の増加」をコンセプトに、若い世代の働く場の確保、移住・定住の促進などに取り組んでまいります。
また、人口減少対策を推進することはもちろん、民間との協働による魅力ある地域の創造、周辺自治体との連携による広域的で複合的な行政サービスの構築、市民が輝き、誰もが活躍することのできる環境づくりなど、さまざまな施策に挑戦してまいります。
これからの南房総市が「住み続けたいまち・選ばれるまち」となることを目指し全力で取り組んでまいりますので、本年も市政に対しご理解とご協力を賜わりますようお願いいたします。
結びに、本年が皆様にとって健康で幸せな年となりますよう祈念して新年のご挨拶といたします。

■南房総市議会議長 青木 正孝
『「市民のために」を合言葉に議会の使命を果たしてまいります』
あけましておめでとうございます。市民の皆さまには、輝かしい新年を迎えるにあたり、謹んでお慶びを申し上げます。
長引くコロナ禍において、我々の命と健康を守るため、日夜ご尽力いただいております医療従事者を始めとする関係者の皆さまに、改めて敬意を表するとともに、感謝申し上げます。
市議会に対しましては、平素より、深いご理解と温かいご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨年は、新型コロナウイルス感染症により、1年延期となった東京オリンピック、パラリンピックが開催されました。緊急事態宣言下、無観客で開催される異例の大会となりましたが、日本選手団は史上最多数のメダルを獲得し、勇気と希望、そして感動を与えてくれました。
一方、新型コロナウイルス感染症の第5波では、全国各地で新規感染者数が急増し、8月には国内一日当たりの感染者数が2万5千人を超えました。
その後、感染者数は減少しておりますが、新たな変異株の発生もあり、国民生活、経済活動に多大な影響を及ぼしています。
医療提供体制の整備や経済活動支援など、国や県による様々な対策とともに、市でも独自の対策が進められておりますが、市民生活や地域経済は、依然として厳しい状況が続いております。
本市においては、新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、少子高齢化対策、地域経済の活性化、教育環境の整備充実、防災対策など、成すべきことが山積しています。
市議会といたしましては、市民の皆さまの不安や悩みに寄り添い、より多くの声を市政に反映させ、一日も早く平穏な生活を取り戻せるよう努力してまいる所存です。
今春4月、我々市議会議員は任期満了を迎えますが、残された期間、これまで以上に議論を尽くし「市民のために」を合言葉に、引き続き議会一丸となって、議会活動に邁進し、市政の最終決定と行財政運営の監視という議会の使命を果たしてまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。
最後に、市民の皆さまには、引き続き新型コロナウイルス感染防止対策へのご理解ご協力をお願い申し上げますとともに、南房総市の更なる発展と市民の皆さまのご多幸をご祈念申し上げまして、新年のあいさつといたします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU