ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

農業委員会の業務や農地に関する手続きなどを紹介します

6/35

千葉県袖ケ浦市

■農業委員会の業務
◇農業委員会の活動
農業委員会とは、農地法などの事務を行う行政機関であり、農業者の利益代表機関です。
主に次の業務を行っています。
・農地の貸し借り、賃貸借の解約や所有権の移転、農地の転用などの審査や許認可の業務
・農地などの利用の最適化(担い手への農地利用の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進)の推進に関する業務
・農家台帳の作成・管理 など

◇農地利用最適化推進委員の活動
農地利用最適化推進委員は、主に農業に関する現場活動を行い、遊休農地の解消と防止(農地パトロールなど)や、担い手への農地の利用集積(農地のあっせんなど)、新規参入者などの支援(農地相談の受付など)を、主な役割としています。
また、農業委員と連携した取組みとして、意見交換会を行い、各委員が担当地区の課題などを話し合い、活動内容などを決め、農地利用の最適化に向けた推進活動に努めています。農地に関する悩みがある場合は、気軽にご相談ください。

■農地に関する手続き など
◇農地の所有権移転などは許可が必要です
農地を農業上の収益を目的として、所有権移転(売買・贈与)や権利設定(貸借)をする場合には、農業委員会の許可が必要です(農地法第3条)。
農地を相続した場合は、10カ月以内に農業委員会への届出が必要です。
賃貸借した農地の貸し借りをやめる場合は、農業委員会で手続きが必要です。
農地を転用(耕作目的以外の土地にすること)する場合は、市街化調整区域内の農地は知事の許可、市街化区域内の農地は農業委員会への届出が必要です(農地法第4条、第5条)。
農地に建物を建築する場合、都市計画法に基づく開発行為の許可も、併せて必要になる場合があります。
なお、農地を一時的に資材置場などとして利用する場合も、農地転用の許可が必要です。また、転用の許可申請には多くの添付書類が必要となりますので、事前にご相談ください。

◇農地の違反転用を見かけたら通報を!
許可を得ずに農地を転用した場合や、許可どおりに転用していない場合は、農地法違反となり、工事の中止や原状回復などの命令がなされることがあります。
違反した場合は、3年以下の懲役または300万円(法人は1億円)以下の罰金があります。違反転用を発見した場合は、通報してください。

◇耕作放棄地をなくしましょう!耕作放棄は責務違反です!
農地法では、農地の所有者などは、農地を適正に管理することと規定されており、農地を耕作放棄することは、責務違反です(農地法第2条の2)。耕作放棄地の増加は、雑草の繁茂や病害虫の発生などにより、近隣農地などへ悪影響を及ぼします。
農地を耕作できなくなったときは、他の農業者への貸付などをご検討ください。

◇農地法以外での農地の貸借などができます
農業経営基盤強化促進法に基づき、市が定める農用地利用集積計画によって、農地の賃貸借や使用貸借などができ、期間満了により農地は確実に返還されます。

◇農業者だけが加入できる年金制度があります
農業者年金は、農業者だけが加入できるもので、国民年金に上乗せする公的年金です。加入のための条件などの詳細は、お問い合わせください。

問合せ:農業委員会事務局
【電話】62-3918【FAX】62-7454

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU