文字サイズ
自治体の皆さまへ

生ごみの自家処理に挑戦しませんか?

12/32

千葉県袖ケ浦市

■生ごみ処理機などの購入費を助成しています
一般家庭から排出される「燃せるごみ」のうち、そのおよそ4割が食べ残しなどの「生ごみ」です。
生ごみは、約80%が水分です。水分が多く含まれていると、燃焼効率が低くなってしまいます。ごみの減量や環境負荷を減らすためにも、捨てる際には、水分をよく絞ってから指定袋に入れましょう。
また、生ごみは発酵や乾燥をさせると、肥料として使うことができます。市では、生ごみ肥料化容器や機械式生ごみ処理機などの購入に対する助成をしています。
家庭での自家処理に挑戦してみませんか。
対象:市内在住で市税を滞納しておらず、過去5年以内に助成を受けていない方
助成額:購入額の2分の1以内 ※100円未満切り捨て
・生ごみ肥料化容器 上限3,000円(1世帯2基まで)
・機械式生ごみ処理機 上限25,000円(1世帯1基まで)
※生ごみ肥料化容器の購入時のみ、発酵資材(EMボカシなど)の代金も、補助限度額内で対象となります。

◇Let’s Challenge!!段ボールコンポスト
※段ボールコンポストの材料などは、補助金の対象外です。

生ごみ処理に興味があるけれど、機械を買うのは高そう…
と思っている方必見!!
実は、ホームセンターで買えるもので、簡単に生ごみの再資源化ができます!

◇作り方 公開中!
・ガウラのSDG’s ごみ減量チャレンジ 公式Twitter
・段ボールコンポスト作り方のページ

問合せ:廃棄物対策課
【電話】63-1881【FAX】62-2820

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU