ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康通信

20/22

千葉県鋸南町

■ヒアリにご注意

ヒアリは南米原産で特定外来生物に指定されています。平成29年6月に初めて国内で確認され、定着を防ぐために関係省庁が防除策に取り組んでいましたが、今年9~10月に東京港青海ふ頭で羽のある女王アリが多数確認されました。これは繁殖可能な女王アリが飛び立ち他の場所に広がった可能性が指摘されています。
ヒアリは体長2.5~6mmくらいで体色は赤茶色です。触角の先端2節が膨らみ、背にはとげがなく、胸から腹につながる節が2つに分かれていて、腹は少し暗めの色をしています。極めて攻撃性が強く、刺されると熱感を伴う非常に激しい痛み(焼けるような痛さ)があり、水疱状に腫れ(水ぶくれ)翌日には刺されたところに膿がたまってきます。ヒアリは英語でFIRE ANT、漢字では「火蟻」と書きますが、これは毒針で刺されたときにやけどのように激しい痛みがあることからついたようです。もし刺されたら刺されたところを保冷剤などで冷やし、安静にしましょう。体質によっては毒に含まれる成分に対して、アレルギー反応を起こす場合があります。刺された場所の周りや全身にかゆみを伴うじんましんやみみずばれが出たら、すぐに医療機関を受診する必要があります。刺されてから20~30分以内に息苦しさ、声がれ、動悸やめまい、腹痛などを起こす場合は強いアレルギー反応であるアナフィラキシーの可能性があり、処置が遅れると命の危険を伴いますから救急車を呼びましょう。ヒアリの毒にはハチ毒と共通成分があるため、たとえヒアリに刺されるのが初めてでも、ハチ毒アレルギーを持つ方は特に注意が必要です。
ヒアリかな?と思ったら環境省の「ヒアリ相談ダイヤル【電話】0570-046-110」に連絡をしましょう。集団のヒアリや巣を見つけたときは、つついたり、踏んだり、殺虫剤をかけたりしないで、至急ヒアリ相談ダイヤルにご連絡ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU