ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

(特集)若き風雲児に聞く 盆栽の魅力 -2-

2/52

埼玉県さいたま市

■世界の「BONSAI」へ
「BONSAI」はなぜ世界ブランドになったのか?
その歴史をひも解いてみましょう!

◇盆栽文化を世界に発信!大宮盆栽美術館の設立
さいたま市大宮盆栽美術館は、市の伝統産業にも指定されている盆栽文化を広く国内外に発信することを目的として大宮盆栽村近くに開館しました。国内屈指の盆栽コレクションをはじめ、盆栽に関連する盆器や水石、絵画、歴史・民俗資料などの収集、展示を行っています。土日にはギャラリートークやワークショップなども行われ、国内外の人々で賑(にぎ)わっています。

◇「東京オリンピック」との関係も深い!?
戦後復興とともに、GHQの将校などの外国人をはじめ、国内外の著名人から徐々に注目を浴びはじめた盆栽。さらに注目を集める機会となったのが、昭和39年の東京オリンピックと昭和45年の大阪万博での「盆栽水石展」でした。中でも大阪万博では、政府出展という形で約2,000点もの盆栽・水石を集めた大規模な展示が6か月間行われ、日本の伝統文化として盆栽が世界中に広がりました。

◇世界ブランドとなった大宮盆栽村
時は大正。都内にあった多くの盆栽園は、工業化・宅地化が進む都市部で良質な土と水、新鮮な空気を求めていました。関東大震災を機に新天地を求め、一部が大宮に移転。3人の園主(清水利太郎、加藤留吉、蔵石篤夫)が中心となり、昭和3年に「盆栽村組合」が発足、「ここ(盆栽村)に居住する人は盆栽を10鉢以上持つこと」などユニークな「住民協約」がつくられました。

■さいたま市大宮盆栽美術館へ行こう!
いま盆栽がアツイ!
「大宮の盆栽が見たくて日本に来たんだ。」名品盆栽の数々を求めて、大宮盆栽美術館には年間6,000人を超える外国人が訪れます。これまで何人もの盆栽師によって手入れされ、人間よりはるかに長い時を生き続けてきた「盆栽」。大自然の息吹を目の前で感じ、静かな癒しの空間と、悠久の時を越える感動を、ぜひ体験してください。

◇さつき盆栽展(6月の企画展)
初夏の盆栽は「華やかさ」がみどころ
期間:6月7日(金)~16日(日)
多彩な花の色や柄、かたちが魅力的なさつき盆栽を特集します。満開の花々で彩られたギャラリーに、リピーター続出の展覧会です。

◇ギャラリートーク(月に2回)
誰でも当日参加可能!
日時:6月2日(日)・15日(土)、7月7日(日)・20日(土)(毎月第1日曜日、第3土曜日)13時30分~
費用:無料※観覧料が必要です。
初めての盆栽鑑賞におすすめの解説会を月に2回開催しています。盆栽の見方や鑑賞のポイントを学芸員がわかりやすく解説します。

さいたま市大宮盆栽美術館
開館時間:
3~10月…9時~16時30分
11~2…9時~16時
※入館は30分前までです。
休館日:木曜日(祝・休日を除く)、年末年始※臨時休館日があります。
観覧料:
一般…300円
高校生・大学生・65歳以上…150円
小・中学生…100円
交通:土呂駅から徒歩5分/大宮公園駅から徒歩10分

問合せ:
【電話】780・2091
【FAX】668・2323
【HP】http://www.bonsai-art-museum.jp/

■大宮盆栽村を歩こう!
はじめて大宮盆栽村を訪れるあなたにオススメのコースをご紹介します!

(START!)
土呂駅

さいたま市大宮盆栽美術館
・大宮盆栽美術館で盆栽のいろはを習得!
・まずは盆栽の鑑賞方法や見所を丁寧に学ぼう。大宮盆栽村の各園の個性が自分でわかるようになるととても楽しい!

(1)蔓青園(まんせいえん)
大宮盆栽村最古の名園。日本を代表するさまざまな盆栽が並ぶ。

(2)藤樹園(とうじゅえん)
初心者でも盆栽を気軽に楽しめるよう盆栽教室も開講。

(3)清水瀞庵翁紀功碑(しみずせいあんおうきこうひ)
大宮盆栽村開村に尽力した清水利太郎を称(たた)えた碑。

(4)盆栽ふみきり
知る人ぞ知るスポット。春には踏切越しに桜並木が見られる。

(5)風情ある町並み
大宮盆栽村には「かえで」「しで」「もみじ」など木の名前がついた6つの通りがある。

(6)盆栽四季の家
盆栽園を訪れた人たちが自由に利用できる休憩室などがある。

(7)清香園(せいこうえん)
江戸時代創業の盆栽園。新しいスタイルの彩花盆栽も楽しめる。

(8)九霞園(きゅうかえん)
国内外の要人も来園した名園。針金整形しない自然な盆栽を作る。

(9)松濤園(しょうとうえん)
盆栽や小物など、親しみやすい園主のセレクトが光る。

(10)芙蓉園(ふようえん)
雑木盆栽を中心に一年中花物や実物などの盆栽が数多く並ぶ。

(11)盆栽マンホール
街中で盆栽柄のマンホールを見つけよう!

(GOAL)
大宮公園駅

■盆栽クイズ
Q..盆栽を見る時の正しい見方はどれ?

A.上から見下ろす
B.下から見上げる
C.ねころんで見る
D.さっと見る

クイズの答え:B(自分が小さくなった気持ちで、凝縮された大樹の姿を感じよう!)

問合せ:大宮盆栽美術館
【電話】780・2091
【FAX】668・2323

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階