ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

熱中症を正しく理解し予防しましょう

23/49

埼玉県加須市

■熱中症の予防法
(1)水分補給
・大量に汗をかいた時は塩分も補給
(2)熱中症になりにくい室内環境
・扇風機やエアコンを使った温度調節
・室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン・すだれの利用)
・こまめな室温確認
(3)体調に合わせた対策
・通気性の良い、吸汗・速乾素材の衣服着用
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却
(4)外出時の注意
・無理をせず、こまめに休憩
・日傘や帽子の着用
・天気予報を参考に外出の検討

■熱中症が疑われる場合の対処法
(1)涼しい場所へ避難
(2)衣服を脱がせ、体を冷やす
(3)水分・塩分を補給
※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を呼びましょう。

◇熱中症って?
高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより起こります。
体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

問合せ:健康づくり推進課
【電話】0480・62・1311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU