文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの見聞 特派員 レポート

8/42

埼玉県和光市

■自然豊かな和光市
まちの見聞特派員 伊藤芳夫

和光市内には、樹林公園・熊野神社・第四小学校・せせらぎ公園等、桜の名所が沢山あります。樹林公園には令和2年11月に「記念植樹」が行われ、開花時期には大勢の市民(見物人)で賑わうと思われます。
東京メトロのCMで「自然豊かな環境都市」と公開されている和光市は、駅前の開発は目覚ましく、市内には大型のスーパーが5店舗もあり、都会の趣を感じられる街並みですが、市北部(アグリパーク)の新河岸川に桜提があるのをご存じでしょうか。
毎年、4月になると大勢の「花見客」で賑わう桜並木です。
小春日和の午後、小学生(下新倉小学校)の声を背中に、アグリパークを新河岸川へ向かうと、近年、花栽培やイチゴ栽培のビニールハウスの中に、建物が目立つようになりました。そこを抜け、高齢者福祉施設のある、新河岸川の堤に今も立派な桜の木が整備されています。
令和2年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、外出自粛の行政指導があり、見物人のいない桜並木がとても寂しく感じられました。立派に咲いた桜の花も寂しげに見えます。
令和3年の春は、コロナウイルス感染の終息の兆候が視られ、大勢の家族連れや企業の同僚と、楽しく賑わう様子が見られるのを期待します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU