文字サイズ
自治体の皆さまへ

コロナに負けるな! 頑張る和光の仲間たち No.07

5/42

埼玉県和光市

■手打ち蕎麦まつもと
~十割蕎麦の香りと甘みをたらふく召し上がってください~

コロナ禍に負けず頑張る商店や事業所を紹介する新シリーズ『コロナに負けるな!頑張る和光の仲間たち』。今回は、本格的な十割蕎麦とこだわりの一品料理が味わえる「手打ち蕎麦まつもと」のご登場です。
かつてシステムエンジニアとして活躍していたという異色の経歴を持つ店主の松本さん。料理好き、蕎麦好きが高じて蕎麦職人を目指したのは40歳を過ぎてから。弟子入りした日本橋の名店では20代の若者たちとともに腕を磨き、わずか3年で店の調理全般を任されるほどに。その後、独立を決意した松本さんは、3年前に現在の地で自らの店を開業しました。
手打ち蕎麦まつもとの評判は瞬く間に広がり、遠方からわざわざ足を運ぶ常連さんも。その理由は、なんといっても蕎麦の味。修行を積んだ蕎麦割烹の教えを守り、つなぎを一切使わない十割蕎麦を提供。その香りと甘みはもちろん、グルテンフリーなので小麦アレルギーのある方も安心です。
そんな十割蕎麦を心ゆくまで味わえることも大きな魅力。「全国の蕎麦を食べ歩いているころ、量が少なく値段ばかり高いことが不満でした。だから値段はできる限り抑えて、量は一般的なお店より多めにしています」とのこと。
食後の蕎麦好きの楽しみといえば蕎麦湯。手打ち蕎麦まつもとの蕎麦湯は一見して違いが分かるほど濃厚です。「打った蕎麦の切れ端を溶かしているので、蕎麦そのものの香りや甘みを感じていただけるはずです」と松本さん。
仕込みから盛り付けまで手を抜かない一品料理や、他店の倍はあろうかというほど分厚い鴨肉、さらには食後にサービスされる甘味等、値段からは信じられないほどの大盤振る舞い。その理由を、皆さんへのメッセージにかえてお届けします。
「蕎麦が好きではないという人にこそ、蕎麦はこんなにも美味しいということを知っていただきたいです。気軽に召し上がっていただけるよう値段も頑張っていますので、ぜひ一度、当店の蕎麦をご賞味ください」。

・人気の「鴨せいろ蕎麦」。一般的なお店より厚くカットされたジューシーな鴨肉は必食!
・つなぎを使用しない十割蕎麦。コストはかかるものの「美味しい蕎麦を手ごろな値段でお腹いっぱい食べていただきたい」と松本さん
・蕎麦豆腐や日替わりのスープ、甘味等が一度に味わえる「せいろ蕎麦セット」。温かいかけ蕎麦も選べます
・食後は甘味をもれなくサービス。なかでも松本さんお手製の「石州もち」は人気の一品
・原料の一部に蕎麦粉を使用したその名も「そばビール」。先着10組様にプレゼント

『手打ち蕎麦まつもと』
白子3-7-3
営業時間:
平日11:30〜14:00、17:00〜20:00
日曜・祝日11:30〜16:00
定休日:月・木曜(月曜日が祝日の週は水・木曜定休)

◇手打ち蕎麦まつもとからのお知らせ!
11月中、先着10組のお客様に「そばビール」を1本プレゼントいたします。お食事をご注文の際に「広報わこうを見た」とお伝えください!

■次回は、立ち食いスタイルで焼き鳥とペルー料理が楽しめる『Rico』です!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU