文字サイズ
自治体の皆さまへ

わこう 市議会だより 2021年2月1日発行 No.111(1)

13/39

埼玉県和光市

今号は12月定例会のあらましをお知らせします
令和2年12月定例会は、11月26日(木)から12月15日(火)までの20日間にわたって開かれました。
今定例会では、市長から提出された諮問2件、議案25件を審議しました。

【和光市のこんなことが決まりました】
12月定例会の主な議案

■創造性を育む教育のため生徒1人1台のタブレットパソコンを整備します
〇議案第83号 中学校生徒・教師用タブレット端末購入の契約の締結について[原案可決]
[目的]
文部科学省の提唱する「児童生徒向けの一人一台の端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された創造性を育む教育を全国の学校現場で持続的に実現させる構想(GIGAスクール構想)」の実現に向け、創造性を育む教育ICT環境の整備をするものです。

■地域の実情に即した持続可能な公共交通サービスを検討する和光市地域公共交通会議を設置します
〇議案第86号 和光市地域公共交通会議条例を定めることについて[原案可決]
[目的]
市では、地域の実情に即した持続可能な公共交通サービスを検討するための和光市地域公共交通会議を設置します。この会議は交通事業者や行政関係者、住民、有識者など多様な視点で地域の公共交通に係る検討を行い、地域公共交通計画(市内公共交通のマスタープラン)を策定するものです。

■和光市エリアマネジメント推進条例を継続して審査することにしました
〇議案第88号 和光市エリアマネジメント推進条例[継続審査※]
[理由]
今後のまちづくりの大きな柱の一つともなる条例のため、パブリック・コメント実施後に内容が大きく変更されていることについて、市民に説明が必要だと考えています。また、エリアマネジメントのあり方、施行日等についてさらなる慎重な審査が必要であるため継続して審査していきます。

■定期巡回サービスにおける情報共有システムの導入事業に係る損害賠償請求事件の訴えの提起については継続して審査することにしました
〇議案第106号 訴えの提起について[継続審査※]
[理由]
時間をかけて審議しましたが、まだ結論を出すには至らないため継続して審査していきます。
[事件の内容]
平成26年夏頃、当時、保健福祉部長であった元職員は、部下に対し、介護や看護の定期巡回サービス情報共有システム導入事業の業務委託料が未払いであると虚偽の説明をし、平成26年和光市議会12月定例会に提出する補正予算案で計上し、事業受託会社に業務委託料1566万円を支払うよう指示をしました。
補正予算案の審議に際して、元職員は事業が平成26年度に新たに取り組む事業である旨の虚偽の説明を行い、その結果、市議会は事業に係る業務委託料1566万円を含む補正予算案を原案可決しました。市は、事業に関する業務委託契約を事業受託会社と締結し、1566万円を支払いましたが、納入物とされていたCD-Rは存在せず、また、定期巡回サービス情報共有システムも導入されてはいませんでした。
元職員の虚偽の説明及び不正な指示という不法行為により、和光市に生じた損害となるため、損害賠償を求める訴えを提起するものです。
[請求の趣旨]
本件事業に係る業務委託料1566万円に弁護士費用相当額156万6千円を加えた損害賠償金1722万6千円及び訴訟費用の負担を求めるものです。

※継続審査とは
定例会は、それぞれが独立したものと考えられています。そのため、定例会の会期中に結論が出なかった場合は、次の定例会に引き継がれることはなく、審議未了、廃案となり消滅します。しかし、案件によっては、その会期中に結論を出すことができない場合もあるため、会期不継続の原則の例外として、議会の議決によって、閉会中や次の定例会でも引き続き審査することをいいます。

■令和2年度一般会計補正予算(第6・7・8号)[原案可決]
一般会計では、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5億2408万円を追加し、それぞれ総額を400億3976万8千円とする案を原案のとおり可決しました。
〇歳出の主な内容
・新型コロナウイルス感染症検査助成事業委託料(65歳以上の高齢者、基礎疾患を有する者を対象とするPCR検査助成事業を実施します)1200万円
・地域店舗応援プレミアム付商品券交付(市内商店等で共通して使用できるプレミアム付商品券を発行します)4200万円
・和光北インター東部地区まちづくり推進(国道254号バイパス延伸による地域分断等の地域の課題に対する検討・関係機関協議・住民説明資料を策定します)355万1千円
・防災体制業務(洪水浸水想定区域図及び水害リスク情報図が公表されたため、ハザードマップに掲載ページを追加します)110万7千円


・水道事業会計補正予算を除く

◆人事案件
◇人権擁護委員適任について
令和3年3月31日の任期満了に伴い、引き続き2名を推薦することについて適任としました。
※委員名は本紙またはPDF版をご覧ください。

※その他の議案や詳しい内容はHPをご覧ください

問合せ:議会事務局
【電話】424-9108【FAX】048-463-2835【メール】i0100@city.wako.lg.jp
市議会【HP】http://www.city.wako.lg.jp/home/shigikai.html

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU