文字サイズ
自治体の皆さまへ

わこう 市議会だより 2021年2月1日発行 No.111(2)

14/39

埼玉県和光市

【和光市のこんなことを聞きました(1)】
~市政に対する一般質問ダイジェスト~
[一般質問とは]
市政全般について、各議員が様々な角度から執行機関に対し事務の執行状況及び将来に対する方針等について報告、説明を求めて質問するものです。市民要望を交えながら議員自身の意思に基づいて、質問することにより、より良き方向へ執行機関の回答を引き出していくもので、各議員が力量を発揮する場でもあります。(発言順位の順番で並んでいます)

■介護保険料の水準を維持するために早めの対策を
小嶋智子(こじまともこ)(歩みの会)
質問:和光市の介護保険料は全国平均より低い水準で推移をしています。今後もこの水準を維持していくための早めの対策について伺います。
保険福祉部長:元気な高齢者を増やすための介護予防拠点の充実、介護予防、日常生活支援、総合事業の効果を高める地域互助力の強化を進め、適正水準の維持に努めていきます。
その他の質問事項:公園の遊具、公園サポーター、補助金の見直し、防犯カメラ

■外環側道自動運転専用レーン計画、植栽伐採、安全対策等を問う
赤松祐造(あかまつゆうぞう)(まちづくり市民の会)
質問:無人自動運転の事故責任は誰でしょうか。植栽をどの程度伐採するのでしょうか。横断者、横断車両の安全確保、騒音対策、客数想定と経営は成り立つか、住民説明会開催等を伺います。
建設部長:和光市未来技術地域実装協議会を開催しご質問の件について検討します。
その他の質問事項:長期未着手の中央土地区画整理と外環上部遊休地活用、市内道路の騒音渋滞対策、ふれあいの森の絶滅危惧種保護、越戸川のアユ、小魚死滅対策、公園整備

■水泳指導の民間委託で維持管理費の抑制と教員の負担軽減を
内山恵子(うちやまけいこ)(緑風会)
質問:教師の業務量が増えています。水泳指導などを民間委託してはいかがでしょうか。外部指導員による高度な指導やプールの維持費の面においてもメリットが生まれると思います。
教育長:民間スポーツクラブ等の活用は専門のインストラクターの質の高い指導による効率的な技術の向上が期待され、教職員の負担軽減にも寄与できるため、今後導入に向け検討していきたいと思います。
その他の質問事項:デジタル化の推進、駐輪場、防災

■地域共生社会推進に向けた市のビジョンは
待鳥美光(まちどりよしこ)(新しい風・希望)
質問:来年度施行の改正社会福祉法に基づく地域共生社会実現に向けた市のビジョンを伺います。
保健福祉部長:モデル事業である統合型地域包括支援センターの実績等を踏まえ、市全域での重層型支援体制整備事業を、市内各事業者・関係機関と連携して進めていきます。
市長:複雑で多様なパターンの家庭に統合的に対応できる仕組みを作っていくことが、一番重要だと考えています。
その他の質問事項:防災、給食費公会計化

■空き家の現状と課題、及び、今後の対策について
齊藤誠(さいとうまこと)(緑風会)
質問:既に存在する空き家への対策、及び、空き家の適切な管理と新たな空き家の発生を抑制するための今後の取り組みを伺います。
建設部長:相続発生後の維持管理不足による老朽化が見受けられ、建物所有者への周知・啓発などの活動の他、市民窓口の設置や空き家に関する協定締結を検討しています。
その他の質問事項:生産緑地の現状、2022年問題における公園、緑地の整備、狭隘道路解消に向けての道路整備計画

■子どもたちに命の授業を行うべきではないでしょうか
伊藤妙子(いとうたえこ)(公明党)
質問:コロナ感染の報道で、子供たちの命に対しての感覚がマヒしてしまわぬよう、今こそ助産師会による「命の授業」の実施や自己肯定感に繋がるオンライン講座など工夫した取り組みをお願いします。
教育長:命の尊さを学ぶこと、助産師による命の授業は有効な一つであるので、今後各学校の指導の支援に努めたいと捉えています。
その他の質問事項:新倉PA周辺の賑わいづくり・受験生にインフルエンザ予防接種補助、庁舎挙げての新型コロナワクチン接種体制

■北口壁画の保存と時期を見てのリニューアルを
齊藤克己(さいとうかつみ)(公明党)
質問:和光市駅北口擁壁に設置されている壁画は、設置されて十数年が経過しています。壁画自体の劣化はみられないが、年月も経過しているため、安全対策を講じつつリニューアルなどの検討をお願いします。
市民環境部長:状況確認を年2回程度、行っています。当面掲示は継続し、リニューアルについては東武鉄道の意向も確認していきます。
その他の質問事項:教育振興基本計画の進捗状況、第8期長寿あんしんプラン

■文書管理システムの導入を検討すべき
猪原陽輔(いはらようすけ)(新しい風・希望)
質問:政府が行政手続における押印の廃止に動いています。市も押印廃止の検討と文書管理システムの導入を検討すべき時期ではないでしょうか。
総務部長:押印廃止は感染症防止策として、郵送や電子申請により、来庁者の抑制や手続の簡素化を図る観点からも必要性を認識しています。文書管理システムについても、行政手続のデジタル化、また、テレワークにも対応できることから、導入について検討すべき時期にあるものと認識しています。
その他の質問事項:学校教育、和光北インター周辺のまちづくり、市長の政策公約

■埼玉県ケアラー支援条例施行においてヤングケアラー※2支援体制は
松永靖恵(まつながやすえ)(やさしい未来の会)
質問:全国初埼玉県ケアラー支援条例が施行されたが、教育現場においてヤングケアラーと思われる児童生徒の支援について伺います。
教育長:ヤングケアラーの調査は実施していないが、年に数回実施している生活アンケート等の調査を踏まえ、服装や給食の食べ方、不登校の長期化等に注視し、またヤングケアラーではないかという視点を踏まえながら関係諸機関と連携を図ってまいります。
その他の質問事項:障害者特定健診、一時保育事業

問合せ:議会事務局
【電話】424-9108【FAX】048-463-2835【メール】i0100@city.wako.lg.jp
市議会【HP】http://www.city.wako.lg.jp/home/shigikai.html

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU