文字サイズ
自治体の皆さまへ

東京2020オリンピック競技大会 和光市からメダリストが誕生!

1/40

埼玉県和光市

■ROADTO東京2020オリンピック・パラリンピックvol.29
~和光市ゆかりのアスリートがオリンピックで輝いた!~

東京2020オリンピック競技大会で、和光市ゆかりの選手が大健闘!!たくさんの勇気と感動を与えてくれました。
オリンピックで輝きを見せた、大会直後のアスリートの皆さんに今の想いを伺いました。
(1)大会を振り返って
(2)市民の皆さんに向けて一言

〇柔道 女子78kg級、混合団体
濵田尚里選手(自衛隊体育学校所属)
(1)絶対に金メダルをとるんだという気持ちで、1戦1戦戦っていたので、決勝に勝って畳をおりるとき、皆が喜んでくれている姿を見て、金メダルを獲ったという実感が湧きました。
(2)行きつけのそば屋さんに、「おめでとうプレート」を出して貰ったり、応援を身近に感じて力になりました。本当にありがとうございました。
※濵田選手のインタビューは『まちの見聞特派員レポート』に続きます

〇フェンシング 男子エペ団体
山田優選手(自衛隊体育学校所属)
(1)表彰の際、今大会はコロナ対策のためメダルを自分でかけることになってしまったのは残念でしたが、試合後にはSNS等で沢山のメッセージをいただき、とても嬉しかったです。
(2)和光市は人が優しくて、子育てしやすいまちだと思います。これからも、皆さんと一緒に、フェンシングを盛り上げていければと思っています。

〇自転車 女子オムニアム
梶原悠未選手(筑波大大学院所属)和光市出身
(1)皆さんの応援をパワーに変えて、最後まで、自分の力を出し切ることができました。メダルを獲得できて本当に嬉しかったです。これまでの努力が報われました。
(2)沢山の和光市の皆さんの心温まる応援のおかげで、銀メダルを獲得することができました。日の丸にメッセージもいただき、ありがとうこざいました。

〇多田修平選手(住友電工所属)
[出場種目・記録]
陸上男子100m:予選33位(10.22秒)
陸上男子400mリレー:決勝進出(途中棄権)
(1)振り返ると、100mもリレーもとても悔しい結果で終わってしまいました。このオリンピックが全てではないので、この経験を糧にまた一から頑張りたいと思います。
(2)大会前には行きつけの飲食店や美容院で「頑張ってね」と沢山の声をかけていただき、気持ちが引き締まりました。引き続き世界陸上やパリ五輪に向けて頑張りますので、応援していただけると嬉しいです

〇岩元勝平選手(自衛隊体育学校所属)
[出場種目・記録]
近代五種男子:28位(計1343点)
・フェンシングランキングラウンド:172点
・フェンシングボーナスラウンド:1点
・水泳:303点
・馬術:279点
・レーザーラン:588点
(1)無事にオリンピックが開催されて全力で戦うことができて本当に良かったです。沢山の応援ありがとうございました。
(2)観ていただいた和光市の方々、近代五種の魅力を周りの方に沢山広めてほしいです。応援ありがとうございました。

〇松本崇志選手(自衛隊体育学校所属)
[出場種目・記録]
射撃男子ライフル3姿勢:37位(1145点)
射撃混合エアライフル:26位(620.3点)
(1)この様な状況下でオリンピックに参加できたことは大変嬉しかったです。自国開催のプレッシャーもありましたが、最後まで諦めずに闘うことができました。
(2)射撃競技は自衛隊の訓練場で開催され、オリンピックを身近に感じられた方も多いと思います。皆さんの温かい応援ありがとうございました。

問合せ:秘書広報課東京オリンピック・パラリンピック等推進プロジェクトチーム
【電話】424-9091【メール】oly-para@city.wako.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU