文字サイズ
自治体の皆さまへ

地場産物をもっと食卓に

1/30

埼玉県春日部市

6月は食育月間、それに夏野菜も出回り始めました。そこで、農家の皆さんにおいしい野菜の話を伺ってきました。
元気な毎日のために、体に良いものをしっかり食べること、大切にしたいですよね。

■〔春日部の農産物作っています〕食卓を支える生産者たち
野菜に対するこだわりや思いを2人の農家さんにインタビュー。名倉(なぐら)さんと平田(ひらた)さんが育てた野菜は農産物直売所や道の駅で購入することができます。

〇トマトのおいしさを追求し続けて四半世紀
自分がおいしいと思うトマトを作りたいと、品種選びやら肥料のやり方やら、何年も試行錯誤を重ね、25年ほどたちました。
トマトは、花が咲いてから実が赤くなるまで75日ほどかかります。その間、毎日毎日、トマトと顔を合わせます。温度・肥料・水分・日当たりなどの世話をするのですが、手をかければかけるほどかわいいんです。これって、子育てと同じじゃあないかなと思いますよ。
農業は自然相手ですから、思い通りにいかないこともありつらいなって思ったこともありますが、生き物と暮らす農業って良いものです。何せとびきり新鮮で、酸味と甘みが最高の状態で食べられる特権がありますから。
私たちのような農家がこうやって営農を続けていくことは、日本の食料自給を支えていく上でも大切なこと。手頃な値段で、おいしい野菜を皆さんに届けられるように、これからも一生懸命作っていきます。
トマト農家 名倉さん

〇野菜に魅せられ 調理師から生産者へ
農業を始める前は、都内のイタリアンレストランで調理師として働いていました。食材として野菜そのものに興味を持って、農業技術を学んだ後、3年前(令和元年)に新規就農しました。春日部を選んだのは、地元でやりたいなと思った自然な流れです。
“あの野菜、作ってみたいな”と思ったらすぐに行動して、好きなものを好きなだけ生産できるっていう、自由度も魅力だと思います。一生懸命育てた野菜が、見た目も味も良くできたときは、特にうれしいです。現在は、スーパーなどの他、市内の小・中学校にも学校給食用として納入しています。
これからは環境に配慮した循環型の農業が大切だと思うので、有機野菜にこだわっていきたいです。もみ殻、公園の落ち葉や作物残渣(ざんさ)など、廃棄されてしまう有機物で堆肥を作り、有効活用する取り組みを続けていくつもりです。また、農産物直売所などを通じて、地域の方々とのつながりを大切にしながら農業を楽しんでいきたいです。
新規就農者 平田さん

■農家さん直伝 おいしい情報掲示板
野菜に詳しい生産者さんだからこそ知っている、野菜の見分け方や食べ方。新鮮な野菜をよりおいしく食べるヒントを農家さんが教えてくれました。ぜひ、今晩のおかずや明日の朝食に試してみてください。

◆キュウリ
見分けポイント:
・トゲが白くなっていない
・つやがある

〇わが家の夏の定番は中華サラダ
千切りしたキュウリ・ハム・薄焼き卵と、ゆでた春雨を切って彩り良く盛り付けます。砂糖・しょうゆ・酢・ごま油を合わせたタレをかけて完成です。
~暑い日でもさっぱり食べられる~

〇他にも!「キュウリのからし漬け」
保存用袋にキュウリ4本~5本、塩10グラム、砂糖40グラム、粉からし15グラムを入れてもみ、漬け込むだけ。
岡安農園の岡安(おかやす)さん

◆ナス
見分けポイント:
・色が良くピカピカしている
・皮に張りがあり、ヘタがきれい

〇手軽で簡単! 浸し風の焼きナス
ナス2本を両面こんがりと焼き、タレ(ショウガチューブ3センチメートル、麺つゆ40ミリリットル、水大さじ1)をかけてから万能ネギをのせます。
~ショウガの風味が最高~

〇こんな食べ方もオススメ
・市販のナス漬けの素で簡単、小ナスの塩漬け
・揚げナスを大根おろしで
キュウリ農家の田口(たぐち)さん

◆トマト
見分けポイント:
・ヘタがしっかりしている
・色つやが良い

〇おいしくて簡単 トマトパン
食パンにチーズをのせてオーブンで焼きます。そこにトマトをのせて塩少々、オリーブオイルをかけて出来上がり。季節の野菜(キュウリ、レタス、アイスプラントなど)が一品でも入ると彩りも良く、おいしいです。
~季節の野菜でアレンジして~

かすかべフードセレクション
「なべちゃんの網焼あられ」の川鍋(かわなべ)さん

〇他にもいろいろ
・市販の甘酢漬けの素で新玉ネギの甘酢漬け(紫玉ネギを使うと色鮮やかに)
・ジャガイモまるごと蒸かし芋+マヨネーズ
・ジャガイモでチーズやゆで卵入りコロッケ(子どもに好評)
・カボチャとクルミのサラダ
・ピーマンの肉詰め
本紙15面に保健センターの栄養士考案のレシピもあります

◆ここで買えます 新鮮!地場産物販売スポット(のぼりが目印)
〇庭先直売農家
市WEBに一覧を掲載しています。
生産・販売状況は、各農家へ問い合わせてください。

〇農産物直売所「はくれん」
【電話】733-6115
所在地:南2-4-30(JA南彩敷地内)
営業:9:30~14:00 水曜定休
毎月第2・第4水曜は、ララガーデン春日部で出張販売をしています。

〇道の駅「庄和」直売所
【電話】718-3011
所在地:上柳995
営業:8:00~19:00 不定休
庄和の特産品「黒豆」を使用した商品も販売しています。

問い合わせ:農業振興課
【電話】内線7745

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU