ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

議会だより(1)

4/58

埼玉県朝霞市

■第1回朝霞市議会定例会
平成31年度(2019年度)朝霞市一般会計予算など51議案を審議
平成31年第1回朝霞市議会定例会は、2月22日(金)から3月25日(月)まで32日間の会期で開かれました。
この定例会では、市長から51議案が提出され、慎重に審議した結果、51件の議案を可決・同意しました。
議案の件名と要旨は、次のとおりです。
なお、議案等審議結果は市ホームページに掲載しています。

◆議案審議
◇議案第1号
平成31年度(2019年度)朝霞市一般会計予算
説明:平成31年度一般会計予算は、定例会初日の2月22日に市長から施政方針、予算編成の説明が行われました。
予算編成は、428億円で、前年度当初予算対比4.9パーセントの増となっています。

質疑:
◎市民プール施設管理・安全・衛生対策
かしわや勝幸議員
教育費・社会体育費の市民プール費は、体力増進・憩いの場として、多くの皆様に親しまれている、溝沼子どもプール(市民プール)の施設維持管理・安全・衛生対策として、重要な予算です。
そこで、市民プール費の管理運営事業・施設改修事業についてお伺いいたします。
生涯学習部長
市民プール費の管理運営事業・施設等修繕料については、緊急修繕に対応するために予算計上しているもので、開場前点検や閉場後点検、また開場期間中に生じた修繕に対応するものです。
工事請負費については、溝沼子どもプールのろ過機能を維持し、衛生的な運営を行うため、ろ過機のろ材全層を入れ換える工事費です。

プール水の衛生面を維持するうえで、ろ材の交換はおおむね10年で全層交換することが望ましいことから、前回交換から11年が経過した第1機械室ろ過機のろ材全層を交換するものです。
また、今後の溝沼子どもプールの改修工事については、コースター塗装工事やプールの底盤改修工事、コースター鉄骨部分の塗装工事などが必要と考えています。

◎子どもの貧困の取り組みについて
石川啓子議員
子どもの貧困の取り組みが各地で広がっています。
国は来年度、就学援助入学準備金を、小学校4万600円を5万600円に、中学校4万7400円を5万7400円に引き上げます。また、卒業アルバム代を補助対象に追加し、修学旅行費の補助も増額する予定です。
朝霞市も増額すべきですが、来年度予算に計上しているのでしょうか。
市長公室長
国が制度として組み込んだものは、基本的には対応したいと考えていますが、この就学援助の情報は、所管課から政策の方に上がっていませんので、よく調整してまいりたいと思います。
学校教育部長
就学援助費については、国が方針を示していることは認識しています。学用品準備金、修学旅行費、アルバム等も、現在国会審議中でまだ正式に決定に至っていない状況です。また、県から方針案としての情報は来ていますが、正式に決定しましたら、市としても検討してまいりたいと考えています。

◎幼児教育・保育の無償化について
岡﨑和広議員
消費税率が引き上げられる本年10月1日から幼児教育・保育が無償化されます。
つきましては、具体的な内容・本市への影響・地方財政計画・地方交付税の対応をお聞きします。
こども・健康部長
幼児教育・保育の無償化の主な内容は、保育園等を利用する3歳から5歳までのすべての児童の保育料とゼロ歳から2歳までの住民税非課税世帯の児童の保育料の無償化および幼稚園を利用する満3歳以上のすべての児童の保育料について、月額上限2万5700円の補助があります。
また、幼稚園の預かり保育、認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンター事業についても無償化の対象となっています。
なお、給食食材の材料費などは無償化の対象外となるため、保育園等を利用する3歳から5歳までの児童は、給食の副食費について新たに負担が生じることになります。
本市の影響については、平成31年度の予算全体で約4500万円の負担増となる見込みです。
地方財政計画においては幼児教育の無償化に係る財源の確保が記載されており、平成31年度は地方負担分の臨時交付金として全額国費で対応するほか、平成31年度、平成32年度の導入時に必要な事務費についても全額国費で負担するなどとなっています。本市においては、地方特例交付金として幼児教育の無償化に係る地方負担分を計上しており、事務費については今後補正にて対応する予定としています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU