ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

春の全国交通安全運動が実施されます 5月11日(土)~20日(月)

15/62

埼玉県熊谷市

▽全国重点目標
○子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
入学や進級を迎える4月以降に小学生の歩行中における交通事故が増加する傾向にあります。大人が子どもの見本となり、無理な道路横断はせず、横断歩道を渡りましょう。また、高齢者の交通事故が依然として多発しています。高齢者は体力の変化を認識し、確実な安全確認を行いましょう。

○自転車の安全利用の推進
自転車は「車両」の仲間です。ながらスマホや並進、一時不停止等は大変危険ですのでやめましょう。また、交通事故による被害軽減のため、ヘルメットを着用しましょう。

○全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
後部座席もシートベルトを着用しましょう。また、チャイルドシートは子どもの体格に合わせたものを正しく使用しましょう。出発前にはシートベルトの高さやゆるみ、締め付け具合等を確認しましょう。

○飲酒運転の根絶
「しない!させない!ゆるさない!」を合言葉に一人ひとりが積極的に飲酒運転の根絶に取り組みましょう。

▽埼玉県重点目標
○子どもと高齢者の自転車乗用中の交通事故防止
県内では、高齢者の交通事故が多発しています。特に自転車の事故が多いため、通り慣れた道でも油断せず、周囲の車に気をつけましょう。また、自転車に乗るときには、自ら進んでヘルメットを着用し、交通ルールを守りましょう。

●自転車保険等への加入はお済みですか?
埼玉県では平成30年4月から自転車利用者の自転車損害保険等への加入が義務付けられています。自転車事故による、9,521万円の損害賠償事例(平成25年7月、神戸地裁判決)もあります。万一の事故に備え、自転車保険等に加入しましょう。

▽令和元年熊谷市交通安全スローガン「自転車も ルール破れば 加害者に」自転車安全利用五則
○自転車は、車道が原則、歩道は例外
○車道は左側を通行
○歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
○安全ルールを守る…飲酒運転・二人乗り・並進の禁止夜間はライトを点灯交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
○子どもはヘルメットを着用

問合せ:
・安心安全課
【電話】(内線334)

・県防犯・交通安全課
【電話】048-830-2955

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU