文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度予算の概要・2

3/42

埼玉県熊谷市

■令和年度主な事業(数字は予算額)
注目事業以外の主な事業を紹介します。

(1)総合戦略
▼企業誘致推進事業(4億6141万円)
就労機会の拡大や産業の振興、自主財源の確保のため、市外からの企業誘致や市内企業の事業拡大の支援として奨励金を交付します。
▼三世代ふれあい家族住宅取得等応援事業(5002万円)
親世帯と子世帯がお互い支え合うために市内で同居または近居し、住宅の新築、購入または増改築をした場合に費用の一部を補助します。
▼スマートタウン推進事業(670万円)
「スマートシティ」の「暑さに対応したまち」分野の施策として、熊谷型スマートハウスの仕様・事業化およびスマートタウン適地の選定・事業化の検討・調査等を行います。

(2)暑さ対策
▼すくすくはぐくまひんやりグッズ事業(370万円)
年度内に1~2歳になる乳幼児を対象に、オリジナルのマークの入った熱中症対策グッズ(保冷シート)を郵送で配布します。
▼楽しく学ぼう!熱中症対策ドリル事業(290万円)
小学生に人気の「うんこドリル」とコラボレーションした、熱中症対策知識の向上のためのドリルを作成し、小学校1~3年生に配布します。
▼外国人のための熱中症予防啓発うちわ事業(60万円)
外国の方への啓発グッズとして、熱中症予防の内容を記載したうちわを作成し、国際交流協会や観光協会、宿泊施設等で配布します。

(3)市民協働「熊谷の力」事業
▼空き家問題解決支援事業(107万円)
「空き家問題」について、専門知識を有した、司法書士、税理士、宅地建物取引士等によるセミナーや個別相談を実施することにより、改善や助言等をワンストップで行います。

(4)防災・安全対策
▼都市公園複合遊具更新事業(4000万円)
安全で親しみのある公園の利用促進を図るため、計画的に複合遊具を更新します。本年度は、別府沼公園・玉井緑地・かめの道の複合遊具を更新します。
▼空き家等対策事業(1953万円)
地域の防犯や居住環境の整備・改善を図るため、特定空家等に対する代執行等の措置を行うほか、所有者等に対し、空き家の除却に要する費用の一部と、空き家を地域コミュニティの維持等の用途に活用する場合に、工事に要する費用の一部を補助します。

(5)環境対策
▼電気自動車等充電設備普及事業(287万円)
電気自動車やプラグインハイブリッド車に必要な充電設備を設置する事業者等に補助金を交付します。目的地充電に加え、マンションおよび事業所等の基礎充電に対しても補助を拡大します。
▼クビアカツヤカミキリ被害拡大防止事業(111万円)
特定外来生物クビアカツヤカミキリが、桜や桃等の樹木に寄生し、衰弱させ、枯死させる被害の拡大防止を図るため、被害を受けた樹木を伐採する費用、薬剤による治療の費用の一部を補助します。

(6)道路対策、交通対策
▼生活道路および排水路の整備の推進(10億265万円)
生活道路の側溝整備や舗装新設、補修および排水路の整備、修繕等、地域から要望の多い生活環境改善を引き続き進めます。
▼橋りょう整備事業(2億2160万円)
橋りょう点検の診断結果を基に、経年劣化等による大規模な改修工事が必要となる前に補修を行います。

(7)教育・文化
▼小学校・中学校校舎大規模改造事業(小学校7億5590万円、中学校1億83万円)
児童生徒の教育環境の向上を図るため、老朽化した校舎の外壁改修および屋上防水工事等を計画的に実施します。本年度は、石原小学校、奈良小学校、吉岡中学校において工事を実施します。
▼小学校・中学校トイレ整備事業(小学校3億8245万円、中学校3億5239万円)
トイレの洋式化等の改修工事を計画的に実施します。本年度は、成田小学校、桜木小学校、市田小学校、荒川中学校、玉井中学校において工事を実施します。
▼小中学校GIGA(ギガ)スクール構想事業(2億1195万円)
新型コロナウイルス感染症の影響下においても、子どもたちの学習機会を保障するため、児童生徒に対し、一人一台のタブレット端末を配備・活用します。
▼小中学校学力向上補助員の配置(9624万円)
児童・生徒一人ひとりに対するきめ細かな指導を通して学力の向上を図るため、全小中学校に配置している学力向上補助員を増員します。

(8)商工業・農業振興
▼農地利用最適化推進事業(360万円)
年々増加している荒廃農地の解消へ向け、農地所有者やJAくまがやによる除草作業に掛かる費用の一部を補助します。また、「農地バンク」を通じ、復元した農地を意欲ある担い手農家への貸付けに結び付けます。
▼農産物ブランド化推進事業(100万円)
「熊谷市農産物ブランド化推進協議会」を設立し、新規の農産物および農産加工品の商品開発とブランド認定を行います。

(9)スポーツ・観光・交流
▼ラグビータウン熊谷推進事業(889万円)
全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会を核とし、日本・関東・県・市の各ラグビー協会が実施する事業等を通じ、ラグビータウン熊谷を全国に発信します。
▼スポーツコミッション事業(388万円)
スポーツと観光の融合によるスポーツツーリズムを推進するための「熊谷スポーツコミッション」により、大規模なスポーツ大会の誘致等を行うとともに、スポーツを通じた交流人口の拡大、地域経済の活性化を図ります。

(10)公共施設マネジメント
▼(仮称)第1中央生涯活動センター整備事業(3170万円)
中央公民館、市民活動支援センター等の機能を引き継ぐ、(仮称)第1中央生涯活動センターの整備に向けて、基本設計、測量、地質調査等を行います。
▼荒川公園周辺再整備事業(1900万円)
(仮称)新市民体育館の整備に向けて、再整備計画の策定を行います。
▼子育て支援・保健拠点施設整備事業(4184万円)
こどもセンター、保育所、保健センター、休日・夜間急患診療所等の機能を有する子育て支援・保健拠点施設の整備に向けて、測量、地質調査等を行います。

問合せ:財政課
【電話】内線241

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU