文字サイズ
自治体の皆さまへ

市政情報・2

8/42

埼玉県熊谷市

■熊谷市文化振興基金助成金
対象:市内に住所または活動の拠点を置く団体や個人で、一定の活動実績を有し、かつ、助成事業を完遂できる見込みのあること
対象事業:令和3年度中に行われる下記の事業
・活動成果発表事業(展覧会、演奏会など)
・各種大会等参加事業(成果発表など)
・文化財・郷土芸能等の保存・整備事業
・刊行物発行事業(文化、芸能、郷土史など)
助成金額:助成対象経費の2分の1以内で、上限20万円
受付期間:4月1日(木)~6月30日(水)(必着)
※申請書類は、下記にあります。

問合せ:社会教育課
【電話】内線394

■リサイクル活動推進奨励金
ごみの資源化を推進するため、再生利用できる資源を集団回収する団体に奨励金を交付しています。
対象団体:市内に住所を有する者で組織される営利を目的としない団体(自治会、子ども会など)
対象品目:紙類、金属類、布類、ビン類、廃食用油、家庭系生ごみ
奨励金:1キログラム(1リットル)当たり3円

問合せ:
環境推進課(江南庁舎)【電話】048-536-1549
妻沼行政センター地域振興係

■生活困窮者自立支援制度
生活や就労についてお困りの方を支援し、自立の促進や課題の解決を図ります。
自立相談支援事業:生活福祉課(本庁舎2階)内の相談窓口で、相談員がどのような支援が必要かを相談者と一緒に考えます。希望により具体的な支援プランを作成し、関係機関と連携を図りながら支援を行います。
住居確保給付金:離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方を対象に、原則3か月間、家賃相当額(上限あり)を支給するとともに、就労支援等を行い、住居と就労機会の確保を支援します。
※受給には、離職後2年以内または休業等により収入が減少し、離職と同程度であることや、収入や資産等の条件があります。

問合せ:生活福祉課
【電話】内線295

■選挙人名簿登録者数16万5227人
3月1日に選挙人名簿の定時登録が行われ、昨年12月の定時登録者数と比較し、男性163人減少、女性239人減少しました。

問合せ:選挙管理委員会事務局
【電話】内線397

■市民協働「熊谷の力」事業を実施します
令和3年度の市民協働「熊谷の力」事業は、次の1事業を実施します。

問合せ:市民活動推進課
【電話】内線330

■市民活動補償制度をご活用ください
公益的な活動中に参加者が負傷した場合や、物品などを壊してしまった場合、補償により負担が軽減されます。
対象となる活動:公益性があり団体の活動計画に沿った、無報酬(交通費などの実費支給は無報酬とみなします)で行われる活動
(例)防犯活動、清掃活動など
主な補償内容:
(1)傷害事故
・死亡補償金200万円
・入院補償金1日3000円
・通院補償金1日2000円
(2)損害賠償責任事故
・身体賠償5000万円
・財物賠償1000万円
・保管物賠償500万円
保険料:市が全額負担(個人等の負担はありません)
申込み:活動団体の代表者による登録が必要です。登録は随時受け付けています。

問合せ:市民活動推進課
【電話】内線475

■青色申告農家の皆様へ「収入保険」に加入を!
・農業者ごとの収入全体を補償対象とした保険です。
・加入資格者は、青色申告(現金主義申告者除く)を行っている農業者と農業法人です。
・保険期間中(個人の場合は1月から12月までの1年間、法人はその会計年度)のリスクから農業経営を守ります。「自然災害等で収量減少」、「市場価格の低下」、「災害による作付け不能」、「けがや病気による減収」、「倉庫の浸水による減収」、「取引先の倒産」など
・生産している農産物全ての収入を対象としています。(肉用牛・肉豚・鶏卵などマルキン対象畜産物は対象外)
・「掛け捨ての保険方式」と「掛け捨てでない積立方式」の組合せや、補償割合・支払割合は複数の選択肢から選択可能です。
・保険料・事務費の50パーセント、積立金の75パーセントは国庫補助対象です。

問合せ:埼玉県農業共済組合北部統括支所
【電話】048-533-8030

■農地の相続について
農地を相続しないで放置すると、荒れてしまったり、その後の農地の貸し借りなどが困難になったりするため、相続登記(所有者の名義変更)をお願いします。
農地を相続した方は、農業委員会に届出をお願いします。市外に住んでいて、ご自分では手入れができない等の場合には、農地管理のご相談や、借り手を探すなどのお手伝いをします。
また、「所有する農地を一覧表にした農地台帳」と、「農地の場所を大まかに示す農地の位置図(市街化農地を除く)」を交付(有料)していますので、ご活用ください。

問合せ:農業委員会事務局(妻沼庁舎)
【電話】048-588-9985

■農業用水の通水を開始します
5月上旬から農業用水路への本格的な通水が始まります。台風や急な大雨などで増水した際には、絶対に近づかないようお願いします。
▽予定用水路:奈良堰(ぜき)、玉井堰、大麻生堰、成田堰、御正堰、吉見堰、荒川左岸

問合せ:大里用水土地改良区
【電話】048-521-0433

▽予定用水路:備前渠(きょ)用水路

問合せ:備前渠用水路土地改良区
【電話】048-567-3115

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU