ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

箱根の風に思いを寄せて

15/40

埼玉県白岡市

 1月2日(水)・3日(木)に95回目の箱根駅伝が開催されます。この箱根駅伝の創設に、白岡市にゆかりのある人物が関わっていたことをご存じでしょうか。
 その人物とは、旧日勝村(白岡市は、この日勝村を含む3村の合併により昭和29年に白岡町として誕生しました)に生まれ、のちに東松山市に移り住み、衆議院議員を務めた山口六郎次(やまぐちろくろうじ)氏(明治29年〜昭和36年)です。
 大正8年に、山口氏が日本人初のオリンピック選手であった金栗四三(かなくりしそう)氏らを鴻巣市の小学校の運動会の審判として招いた際に、世界に通用するランナーを育てるための駅伝大会について話し合い、翌年に箱根駅伝が開催されました。山口氏は、この第1回箱根駅伝に明治大学の走者として出場し、区間1位の成績を残しています。
 白岡市出身の偉人が創設に尽力した箱根駅伝。今年は、普段とは違った角度から楽しんでみてはいかがでしょうか。

[協力 東松山市 大内一郎(おおうちいちろう)さん]

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU